スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

中国新聞

今日の中国新聞朝刊に民俗学実習の様子が紹介されました。
フォーラムも頑張ります!

民俗学実習3日目

午前中から台風の影響で雨が降っていましたが、4班分かれて聞き取り調査に行きました。
ハワイとの交流や沖家室における年中行事、伝説などについて話をうかがうことができました。



午後は午前中までの聞き取り調査の成果を報告し合い、その後明日の周防大島郷土大学フォーラムに向けて、発表のリハーサルを行いました。
全員で発表の内容を議論して、明日へ備えます。
夕食後、再びリハーサルを実施しました。

多くの方にお越しいただけると幸いです。

民俗学実習2日目

今日は晴天に恵まれ、午前中は沖家室島内のフィールドワークに出掛けました。
まず、本浦にある泊清寺、そして墓地へ。
泊清寺では、本堂にあげてもらって見学し、また鱶地蔵の見学も行いました。





その後、洲崎の旧商店街を通って沖家室大橋まで向かい、蛭子神社へと行きました。
蛭子神社では、世界各地へ移民に出た沖家室出身者が寄進した玉垣や灯籠かあります。
ハワイや台湾、カナダなど沖家室から様々な国へ移民していたことがわかります。

午後からは、聞き取り調査を行いました。
台湾からの引揚者の方にお話を伺い、戦前の台湾の暮らしなどお教えいただきました。



その後は2班に別れ、一方は沖家室島内のフィールドワーク、一方は聞き取り調査をしました。
フィールドワークでは、漁村特有の細い路地などを歩き、聞き取り調査では、親戚がハワイへ渡りご活躍されたお話を伺いました。





夕方から風が強くなり、明日は雨の予報も出ていますが、午前中は聞き取り調査を行いたいと思います。

民俗学実習1日目

今年度の民俗学実習は、山口県周防大島へ来ています。
今回は19名での実習となりました。

午後、大畠の駅に集合し、まずは今回の調査目的であるハワイ移民について学ぶため、ハワイ移民資料館へ行きました。
ここではハワイ移民に関する様々な資料が展示、収集されており、職員の方に解説をしていただきました。
明日からの実習に学んだことを生かしたいと思います。





その後、久賀八幡生涯学習のむらにある歴史民俗資料館にて、学芸員の方に解説いただき、周防大島の暮らしと文化について学びました。

また、国指定重要有形文化財の石風呂を見学。
西日本最古の石風呂だということです。





台風が心配ではありますが、明日からの実習も頑張っていきたいと思います。

周防大島町沖家室島での民俗学実習

明日8月28日より9月1日まで、民俗実習のため山口県大島郡周防大島町沖家室(おきかむろ)島を訪れます。

沖家室での民俗学実習は、今年で3度目になります。

今年は、NPO法人周防大島郷土大学主催(周防大島町文化振興会東和支部共催)のフォーラムで

私たち天理大学生の研究成果も、発表させていただくことになりました!

詳しくは下記をご覧ください。

毎日の活動についてはブログにてお伝えしますので、どうぞご期待ください。

image002.png

おん祭見学


12月17日 おん祭り見学

今日は、春日若宮おん祭りの見学にでかけました。

参加者は、民俗学実習および考古学・民俗学研究入門(2年生対象)の受講生と、

一年生の有志です。

一年生の何人かは、真夜中の遷幸の儀から一睡もせずに、祭りに魅了されていました。



午前12時に県庁前から行列が出発、お渡り式が始まりました。


12月にしては暖かい日となり、きらびやかな衣装を身につけた巫女や細男(せいのお)、

猿楽、田楽の一座、馬長児(ばちょうのちご)などが馬に乗って行列する様は、まぶしいくらいでした。

縺翫s逾ュ繧奇シ措1]_convert_20121218085941

蠕。逾ュ繧・[1]_convert_20121218090144


その後、影向(ようごう)の松に移動し、松の下式を見学しました。

影向の松の前で猿楽の一座が舞を披露し、

それを検分役の二人の頭屋児(とうやのちご)が見守っている姿が印象的でした。

縺翫s逾ュ繧・[1]_convert_20121218090238


続いて、稚児の流鏑馬が行われました。

矢が見事に命中して的の板が割れ、

その拍子に稚児を乗せた馬が驚き、

なかなか迫力のある流鏑馬でした。

縺翫s逾ュ繧・[1]_convert_20121218090742


残念ながら、お旅所祭の頃から雨が降り出したので、

芝舞台での芸能を見られませんでした。

縺翫s逾ュ繧・[1]_convert_20121218090854


4時頃にお旅所から奈良国立博物館に向い、

特別展「おん祭と春日信仰の美術」を見学しました。

おん祭りの様子を詳細に描いた江戸時代の絵巻はとても興味深いものでした。

とくに、祭礼だけでなく、それを見ている人々や出店の様子なども描かれており、

当時の様子をくわしく知ることができました。

5時頃、博物館にて解散。その後、再びお旅所祭を見てから、帰路につきました。



古市町秋祭り見学

民俗学実習で毎年、お世話になっている古市町の秋祭りに、
今年は有志の学生が寄せていただきました。


>>>>


10月7日(日)秋晴れのもと、奈良市古市町の御前原石立命神社秋祭りに参加しました。



今回は朝に行われる神事の見学や、神輿をかくこと、そして夜には神輿の片付けを手伝うなど、大変貴重な経験をさせて頂きました。



中でも、神輿をかくことができたのはよい経験でした。
神輿は思っていたよりも重く、かくのはなかなか大変でした。
しかし、そんな重さを忘れさせるほどの一体感、そして迫力を感じることができました。
特に、最後に神社の前で行われる神輿の行事は
凄まじい動き、迫力があり、必見です。


蜿、蟶ら伴+1_convert_20121012091522




また聞き取りによって、神輿の上に置かれた布団は、元々は5色であったこと、
神輿そのものは100年以上前からあることなどが分かりました。
聞き取り調査も、よい経験を積むことができました。




蜿、蟶ら伴+2_convert_20121012091639




最後に、
貴重な経験をさせて頂いた自警団の皆様、大変お世話になった古市町の皆様、
本当にありがとうございました。



一回生・伊藤

天理参考館『蹴鞠―Kemari―』


10月8日天理参考館南側広場で蹴鞠保存会による蹴鞠実演を見学してきました。


本格的な衣装や実演にとても驚きました。


IMG_0438_convert_20121010132009.jpg


実演のあとには、蹴鞠を蹴る体験をすることができました。


IMG_0465_convert_20121010132200.jpg


鞠は持ってみると意外に軽かったですが、蹴ってみると上に飛ばなくて難しかっ
たです。



周防大島から、NPO法人ふるさと里山救援隊・田中照敏さんが来られました!

9月29日土曜日に山口県周防大島町久賀のNPO法人 ふるさと里山救援隊・田中照敏さんが
「ふるさと回帰フェア」に参加するため、大阪に来られました。

お土産に延命の滝の棚田(周防大島久賀)で採れたブルーベリー・ジャムをいただきました。
この棚田は、「未来へ残したい里山の風景」として田中さんたちが手入れをし、
守っておられる棚田です。

私たちも、2010~2011年に民俗学実習で延命の滝によせてもらい、
棚田の保全活動やブルーベリーの収穫をお手伝いしました。

DSCF3652_convert_20121002154942.jpg


ブルーベリー・ジャムの他にも『NPO法人 ふるさと里山救援隊』のパンフレット、
周防大島町のマスコットキャラクター「みかキン」のストラップをいただきました。

みかキンは、周防大島の島の形が金魚に似ていることと、
島の名産のみかんから作られたキャラクターです。

田中さんから、またぜひ周防大島にも来て下さいとお誘いいただきました。

民俗学実習最終日

民俗学実習最終日。
今朝は特牛での午前6時半から行われる二番競りの見学に行きました。
イカが朝10時頃に揚がってきて、そのまま競りが行われると伺い、全員で見学に行きました。



特牛のイカはとても美味しく、梨と共に特産品のひとつとなっています。
しかし、昨日はちょうど満月だったので、イカ船の灯りよりも月が明るすぎて、捕れにくいともおっしゃっていました。
特牛卸売市場に出掛けると、イカの入った箱が次々と並べられ、競りが始まりました。
普段見ることの出来ない貴重な経験ができました。

特牛港の先端の灯台まで行くと、角島と角島大橋がはっきりと見えます。
角島大橋が出来るまでは特牛と角島は連絡船が行き来していました。



特牛港から道の駅まで歩き、豊北町のお土産をたくさん買って、帰路につきました。
怪我なく無事に民俗学実習を終えることができ、本当によかったです。

豊北町でお世話になった皆様、本当にありがとうございました。


前ページ | ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。