スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

七支刀解説ボランティア

 奈良県では、遷都1300年記念事業が本格的に始まり、あちこちでせんと君が活躍していますが、ここ天理でも、記念事業の一環として、石上神宮に伝わる国宝七支刀の特別公開が、5月17日から6月11日までおこなわれます。せんだって、県の記念事業協会から依頼があり、特別公開に伴う七支刀の解説ボランティアを、天理大学教員・学生と山の辺の道ボランティアガイドの会とがタイアップして担当することになりました。

 このような経緯があり、本日、七支刀について理解を深めるための第1回勉強会「石上神宮と七支刀」を開催しました。講師は、天理高校二部の藤井稔先生。七支刀研究の第1人者です。明治以前の七支刀がどのように扱われていたのか、菅政友がどのように銘文を読んだのか、銘文の釈読にどのような問題があるのかなど、詳しい説明がありました。

 次回、第2回勉強会は、来週月曜の4月26日’月)の午後16:30から。場所は、杣之内キャンパス2号棟22A教室。天理参考館の山内紀嗣先生による「考古学から見た七支刀」です。オープンですので、関心のある方はご参加ください。

s-P1030995.jpg


コメント

Tくん寝てる…。
by: * 2010/04/20 23:04 * URL [ 編集] | UP↑

どこぞの5回生が寝てる……
by: * 2010/04/21 06:18 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。