スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

天理市荒蒔町・アカラガシラ

天理市荒蒔町のアカラガシラという行事の調査に有志数名で行ってきました。
今回は荒蒔町の方のご好意で、拝殿に上がらせてもらい宮座のみなさんと同じように行事に参加させていただくことができました。

午後、宮座衆が神社に集まり、赤飯や生の里芋などを供えて村神主がお祓いをします。
赤飯には柳の箸が添えられ、この赤飯の神饌はアカラガシラの特徴とも言えます。
これら色々な神饌を本殿をはじめとして6箇所に供えられるのです。

s-DSCF0640.jpg s-DSCF0642.jpg s-DSCF0643.jpg
s-DSCF0651.jpg

その後、おさがりで直会があり、スルメ、昆布、カマボコ、お神酒をいただきました。
色々なお話を教えていただきながらの直会となり、非常に楽しかったです。

s-DSCF0660.jpg

なぜ「アカラガシラ」という名称なのかはどうやら不明らしく、改めて調べてみようと思いました。

アカラガシラのあとは、勝手神社内の観音堂を見学させてもらい、さらに荒蒔町内の「マトバサン」「ノガミサン」を見学しました。
そして、隣町の岩室町の集落も見学に行きました。
岩室町は国立民族博物館でも紹介されている大和の代表的な集落です。
大和棟の家や細い路地、神社を見学してこの日は解散しました。

荒蒔町の宮座衆のみなさま、ありがとうございました!



コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。