スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

調査に参加しました

2009年6月6日~6月8日まで、有志数名が、「村の日記」研究会が主催する調査に参加しました!

場所は滋賀県高島市マキノ町。
個人のお宅の蔵に所蔵されている民具を整理・調査しました。

参加者は主催の「村の日記」研究会メンバーをはじめとして、関西の色々な大学の大学院生が主だった中、考古学・民俗学専攻の学生が唯一の大学生でした。
参加者のほとんどは民具調査経験がなかったため、毎年実習で民具調査をしている天大生は大活躍でした!!

s-DSCN1638.jpg
蔵の中はこんな感じです。
ちなみに一階の写真なので、二階はまた違った感じです。
中はホコリがすごく、みんなマスク着用。

s-DSCN1656.jpg
まずは計測します。

s-DSCN1715.jpg
墨書があれば書き写します。
今回は古文書を読める人がたくさんいたので、苦労することなく読み取ることができました。
墨書のほかに、焼き印がないか、破損はないかなっどもチェックします。

s-DSCN1725.jpg
最後に、参加者のみなさんと集合写真を撮りました。
三日間、他大学のみなさんと触れ合いながら、楽しく調査をすることができました☆

また、機会があればこのような学外の調査に参加できればいいですね。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
【トラバURL】http://koukominzoku.blog36.fc2.com/tb.php/46-2f89f858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
[玉稿拝受]知内に行くたび、ご飯を供え、線香をあげている。<柿本2010:50>
「村の日記」研究会編.暮らしと歴史のまなび方―知内「村の日記」からの出発―.関西学院大学社会学部古川研究室,2010-03-31初版発行,2010-08-31第2版発行,95頁. を執筆者のお一人である柿本雅美さんより御恵贈頂きました。感謝いたします。 柿本さんは2章2節と3章3節 はかとも(無縁彷徨)[2010/10/07 23:37]
| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。