スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

山辺の道を歩く!

11月30日(土)、
「考古学・民俗学研究入門2」(2回生対象・月曜2限・安井、小田木担当)の受講生と有志で山辺の道を歩きました。

晴天と紅葉に恵まれ、絶好のハイキング日和となりました。
JR柳本駅から出発して、黒塚古墳展示館を見学し、その後、
柳本古墳群、大和古墳群、杣之内古墳群のいくつかの古墳を見学しながら北上、
天理大学まで普通に歩けば約5キロの道を、くねくね寄り道しながら歩きました。

午前中に見学した古墳・史跡は、
黒塚古墳、天神山古墳、伊射奈岐神社、行燈山古墳、アンド山古墳、南アンド山古墳、櫛山古墳、中山大塚古墳。

事前に作成した資料集を見ながら、学生が各古墳についてその場で解説をしました。

中山廃寺(大和神社お旅所)で昼食をとり、午後からは、

燈籠山古墳、西殿塚古墳、東殿塚古墳、西山塚古墳、波多子塚古墳、
ノムギ古墳、ヒエ塚古墳、夜都伎神社、東乗鞍古墳、西乗鞍古墳と順番に巡り、
午後4時頃天理大学に到着しました。

古墳の前で聞く解説は、とても勉強になりました。

次回は、桜井の纏向古墳群あたりを歩く予定です。

kurozuka_20131206151109.jpg
黒塚古墳にて

DSCF9362_convert_20131206151916.jpg
櫛山古墳外堤にて

DSCF9387_convert_20131206152101.jpg
燈籠山古墳から下池山古墳を望む





コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。