スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

中国調査に行って来ました

小田木は、8月4日~13日、中国に調査に行って来ました。

これは国の科学研究費(基盤C)「東アジア飾り帯文化の生成過程」によるもので、泉屋博古館の廣川守さん、奈良文化財研究所の菊地大樹さんにも同行して頂きました。
スケジュールはざっと以下のごとくです。

8月4日、中国内蒙古自治区オルドス市に移動。
8月5日、オルドス青銅器博物館にて資料調査。共同研究者である王志浩館長、および白煜慧氏とともに。
8月6日、オルドス博物館にて資料調査。オルドス博の李鋭館長が応接。のち、寧夏回族自治区銀川市に移動。
8月7日~11日、寧夏文物考古研究所、羅豊所長のお世話で、馬焼玲氏とともに自治区内の資料の調査。
  7日、寧夏博物館
  8日、寧夏固原博物館
  9日、秦長城遺跡・楊郎馬荘墓地、彭陽市文物管理所
  10日、中衛市文物管理所
  11日、西夏王陵・賀蘭山岩画遺跡
8月12日、北京に移動。8月13日、帰国。

日本に比べて涼しい現地でとても充実した調査を行えたと思っていますが、実際なかなかハードでした。
帰国後ちょうど1日でダウン、でも今日の午後には復活しました(^_^)。(O)

IMG_8753.jpg
西夏王陵

IMG_8803.jpg
賀蘭山岩画遺跡


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。