スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

韓国の研究者と学術交流

昨日は、奈良文化財研究所と韓国国立文化財研究所の方々をお迎えしました。

韓国から来られたのはオヒュンドク氏とシンジョンウ氏のお二人で、共同研究を行っている奈良文化財研究所の方々とともにみえました。
目的は、古墳における遺跡探査の実践例を視察したいとのことでした。
天理大学では桑原・小田木に加えて非常勤の岸田先生にも来て頂いて、最近行った天理市西山古墳・ノムギ古墳・馬口山古墳、長野県飯田市塚原二子塚古墳などの調査例を紹介しました。
とても興味深く聞いて下さった様子で、調査の方法やデータの解釈などについてかなり具体的な議論ができました。

また逆に韓国国立文化財研究所からは、慶州月城での探査成果を紹介されました。
広い面積を調査されて得られた成果はとても内容が豊富で、まさに圧巻でした。

文化財探査に関する今回の交流は、お互いに得るものが大きかったと思います。(O)

P1020274.jpg

P1020273.jpg


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。