スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

おん祭見学


12月17日 おん祭り見学

今日は、春日若宮おん祭りの見学にでかけました。

参加者は、民俗学実習および考古学・民俗学研究入門(2年生対象)の受講生と、

一年生の有志です。

一年生の何人かは、真夜中の遷幸の儀から一睡もせずに、祭りに魅了されていました。



午前12時に県庁前から行列が出発、お渡り式が始まりました。


12月にしては暖かい日となり、きらびやかな衣装を身につけた巫女や細男(せいのお)、

猿楽、田楽の一座、馬長児(ばちょうのちご)などが馬に乗って行列する様は、まぶしいくらいでした。

縺翫s逾ュ繧奇シ措1]_convert_20121218085941

蠕。逾ュ繧・[1]_convert_20121218090144


その後、影向(ようごう)の松に移動し、松の下式を見学しました。

影向の松の前で猿楽の一座が舞を披露し、

それを検分役の二人の頭屋児(とうやのちご)が見守っている姿が印象的でした。

縺翫s逾ュ繧・[1]_convert_20121218090238


続いて、稚児の流鏑馬が行われました。

矢が見事に命中して的の板が割れ、

その拍子に稚児を乗せた馬が驚き、

なかなか迫力のある流鏑馬でした。

縺翫s逾ュ繧・[1]_convert_20121218090742


残念ながら、お旅所祭の頃から雨が降り出したので、

芝舞台での芸能を見られませんでした。

縺翫s逾ュ繧・[1]_convert_20121218090854


4時頃にお旅所から奈良国立博物館に向い、

特別展「おん祭と春日信仰の美術」を見学しました。

おん祭りの様子を詳細に描いた江戸時代の絵巻はとても興味深いものでした。

とくに、祭礼だけでなく、それを見ている人々や出店の様子なども描かれており、

当時の様子をくわしく知ることができました。

5時頃、博物館にて解散。その後、再びお旅所祭を見てから、帰路につきました。




コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。