スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

考古学実習4、意欲的な参加を求む!

 今年度から、これまで通年科目の選択必修だった考古学実習が、考古学実習1(春学期、)、考古学実習2(秋学期)、考古学実習3(集中)というように、学期毎の半期科目+集中実習という形に分割されることになりましたが、それに合わせて、これまでなかった上級コースの任意科目として、考古学実習4(半期科目)が開設されることになりました。講師は、元興寺文化財研究所の橋本英将先生(非常勤講師)です。

 その記念すべき第1回の授業が本日の2限におこなわれ、初回は授業のガイダンスという形になりました。新しく設置された科目ですので、科目登録をおこなった受講生は、2回生の5名のみでしたが、単位とは別に任意で、3回生の1名と卒業生の1名が参加をしました。

 授業のあらましは、シラバスでは次のようになっています。
 
授業目的: 考古学実習3までを履修済、ないしは履修中の人を対象として、遺構・遺物の調査に関する実践的な実習をおこないます。

授業概要: 前半ではトータルステーションの活用を中心とした遺構測量に重点を置き、後半では遺物から適切な情報を抽出するための各種方法の実践、考古資料の保存と活用に関する実習をおこないます。全体を通して、「考古学研究において必要な情報を適切に抽出するとはどういうことか」という点の理解に重点を置いて実習をすすめます。

授業計画・方法:実習はおおむね以下の予定で進めてゆきます。
1.ガイダンス
2.考古測量の手続き
3.トータルステーションによる測量(1)トラバースの設定
4.トータルステーションによる測量(2)測量の実践1
5.トータルステーションによる測量(3)測量の実践2
6.トータルステーションによる測量(4)測定データの処理
7.三次元計測機による遺構・遺物の情報化
8.考古資料の情報化(1)製図学と考古実測図の関係
9.考古資料の情報化(2)X線ラジオグラフィの活用
10.考古資料の情報化(3)自然科学分析の活用
11.考古資料の情報化(4)復元模造品製作実験
12.考古資料の情報化(5)情報化の総合実習
13.考古資料の保存と活用(1)保存処理機関の見学
14.考古資料の保存と活用(2)考古資料の保存処理
15.総括

単位にはなりませんが、考古学を真剣に勉強したいと志している3年生、4年生のみなさんには、是非、積極的に参加をして、技術をしっかり身につけてもらいたいと思っています。というよりも、せっかくのチャンスなのに、3回生、4回生のみんな、おーい、なんで参加せーへんのや!! もったいない。。どうのこうの言わずに、参加すべし!!(K)
コメント

絶対参加した方がいいよー。
by: てら * 2011/09/24 17:47 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。