スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

陸前高田市立博物館への図鑑寄贈にご協力お願いします

先日、陸前高田市立博物館に勤める鈴木綾さんに、現在、博物館でもっとも必要なものを聞いてみました。

するとその答えは、「図鑑」でした。

博物館が所蔵していた図鑑がほとんど使えなくなり、たいへん困っているとのことです。

そこで、鈴木さんと一緒に考古学実習室へ行き、保育社の図鑑シリーズ(『原色日本植物図鑑』や『原色日本海水魚類図鑑』など)から、最も必要な巻のリストを作成しました。

『原色日本蛾類幼虫図鑑』なども含め、合計22冊です。

考古学民俗学研究室では、引き続き、陸前高田市立博物館への支援活動として、図鑑一式を送る予定です。

なるべく古本や中古品で代用し、より多くの冊数を揃えたいと思います。
そのために、10万円を目標に募金を募ります。

前回、ご協力いただいたのは、天理大学の教職員の方々が中心でしたが、今回は、学生のみなさん、卒業生の方々にも広く呼びかけ、協力を得たいと思います。10円、100円でもけっこうです。陸前高田市立博物館への支援にご賛同いただける方、どうぞご協力よろしくお願いいたします。

募金の受付期限と場所
期限:9月末日
場所:文学部歴史文化学科 考古学・民俗学共同研究室
   月曜―金曜、9:00-16:00
   助手・小泉が受け付けます。
   (ただし夏季の研究棟閉鎖期間8/12-8/21は除く。また閉鎖期間以後、9月11日までの間は小泉は不在がちです。その場合はほかの研究室スタッフに声をかけて下さい。)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。