スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

震災100日

先日、早くも震災から100日になりました。
被災地がもとの生活・活動を取り戻すのはいつの日でしょう?
まだまだ先が見えない中、それぞれの場面でそれぞれの方が奮闘されているのでしょう。

天理大学考古学民俗学研究室の卒業生には、陸前高田市立博物館で学芸員としてがんばっている人がいます。
何かお手伝いができないかと、半ば無理矢理に必要なものを聞き出して、こちらで集めました。

「ペーパータオル・虫除け・かゆみ止め」実際に現場に立つ人ならではのリクエストでした。
学内に声をかけたところ、たくさんの現物と募金が集まりました。
集まったお金では筆記用具や資料整理に必要な物品を購入し、現物と合わせて現地に向けて発送しました。

簡単な呼びかけにたくさんの方が応えて下さり、心強く思いました。
しかし一方で、こうした活動が実際に現地の役に立っているのかと少しもどかしいところもあります。
ともかく息長く関わってゆくことが大事なのでしょうね。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。