スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

テル・レヘシュ、ウシュシュキン名誉教授

 今年のテル・レヘシュ発掘調査は少し変則的で、7月25日から先発隊の少数が第1週として小規模な調査を開始した後に、8月から本体が到着して、第2週目から大規模な発掘調査が始まっています。昨日の日曜日から第3週目が始まっています。昨日は、5月に日本を訪問されたテル・アヴィブ大学のウシュシュキン名誉教授とアヴィッツさんが、テル・レヘシュの現場にお見えになり、再会とご挨拶をすることができました。 

  昨日は雲ひとつないとても暑い一日で、私は、トータルステーションによるサーベイの補助で、地表に露出しているウォール(城壁)の実測をおこなうために、ウォールを覆っている枯れ草の除去作業を延々と一日行っていたのですが、朝9時の朝食の時間まではよかったのですが、その後のシェイドのない炎天下の作業は非常に厳しいものがありました。こちらでは、水が非常に大事で、毎朝、前の日から冷蔵庫で凍らせておいた大きなペットボトルをリュックに入れてかついでゆくのですが、それでは足りず、調査団として用意しているタンクの水をつぎ足して、ペットボトル大2本分くらいの水が簡単になくなってしまいました。

 そのような状況で、昨日は、現場作業や午後の作業、夜のミーティングなどはなにごともなかったのですが、昨日の夜中、突然ブルブルと寒気と全身の震えがきておさまらず、発熱をしてしまい、今日の現場作業はお休みをさせてもらいました。熱中症というよりも、クーラーの効きすぎだったのかもしれません。こうした場合、私にはバッファリンが万能の特効薬で、今日は昼までぐっくりと眠って休養をとることができました。もう大丈夫です。(K)

s-P1000318.jpg
朝5時、まだ夜明け前にキブツを出発

s-P1000320.jpg
朝8時、ウシュシュキン名誉教授一行が遺跡を見学

s-P1000330.jpg
昼、11時半、テルを下山して宿舎に戻る

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。