スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

民俗学実習一日目

今日から5日間、山口県周防大島町にて民俗学実習が始まります。

午後1時45分、周防大島の対岸にある油宇町・大畠駅に総勢20名が集合しました!
そこからバスに乗り込み、平野にある周防大島文化交流センターへ。
ここは、周防大島出身の民俗学者・宮本常一に関するパネルや周防大島の民具などが展示されています。

20100726162017.jpg


20100726162012.jpg


今回の実習では、沖家室島の町並み復元調査を実施するのですが、沖家室は鯛の一本釣りがよく知られており、家室鈎と呼ばれる漁具、またその製作道具や一本釣りの漁法についての展示もありました。

20100726162808.jpg

じっくりと見学したあと、再びバスに乗り、沖家室島へと向かいました。

まずはお世話になる民宿のご主人、泊清寺のご住職に挨拶を済ませ、宿舎に移動です。
ご住職から沖家室島について簡単な説明をしていただきました。
その後、地図作りをしたあとご飯を食べ、ミーティングを済ませて解散です。



コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。