スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

基礎演習、個人発表3週目、頭塔

 1年生の必修科目「基礎演習」も、今日で個人発表の3回目が終了し、残りあと2回を残すだけとなりました。最終回の授業時にレポートの提出をしてもらうことになっていますので、頑張りましょう。課題について自分が調べた内容について、授業での発表を踏まえて、文章にまとめてレポートの体裁に整えてもらいます。レポートの作成や参考文献の引用の仕方などに関しては、同じ火曜日にある「基礎ゼミ」(総合教育センター主幹の1年生必修科目)のテキストがよくできていますので、それを参照して下さい。

 今日の発表のテーマを並べてみると、「高麗の四神文石棺」、「三角縁神獣鏡」、「ビシュマ神」、「熊山遺跡出土の陶製筒形容器」、「北魏の石像獅子」と、やはりバラエティーに富んでいて、また、それぞれの発表やレジメにも個性がよく現れていましたと思います。

 高麗の四神文石棺、あるいは北魏の石像獅子などは、最初は参考文献がみつからないとのことで、どうなるかと思っていましたが、結果オーライで、なかなかよくできた発表だったと思いました。それぞれの資料についての観察がまずしっかりとできていて、また、参考館資料の歴史的な位置づけを発表を通して理解することができましたし、高麗、北魏といった時代がどのような時代なのか、参考館の資料を通して東アジアの歴史を実感することもできたように思います。

 それにしても、6,000円の経費をかけて岡山まで出かけて熊山遺跡の現地調査を敢行したというAさんには、ちょっと感心しましたが、聞いてみると、登る山を間違えてしまって、結局、目的地には到達できなかったというオチがついていました。努力は買いたいと思いますが、その勢いで、今度は奈良市の頭塔にアタックしてみるというのはどうでしょうか。熊山遺跡の性格を考えるうえでたいへん参考になるはずです。

 と、ここまで書いたところで、気になってネットで調べてみましたところ、頭塔も、今年は遷都1,300年ということで、春と秋に特別公開がおこなわれているようです。普段は事前申し込みで、予約が必要なのですね。秋には是非、見学してみましょう。
史跡・頭塔特別公開


 さて、明日は、午前に4年生の必修科目「卒業論文演習」があります。卒論の題目提出締め切りですので、各担当教員の指導を受けて提出をしてもらいます。(K)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。