スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

就活、進路部、道しるべ

  今の時期、4年生のみなさんは、卒論だけでなく、就職活動、いわゆる就活でも大変な努力を強いられていますが、就活についても、卒論の場合と同様に、山登りにたとえることができるのではないでしょうか。どの山に登るのか、その山についての研究をおこない、自分の能力や適性を見定めつつ、準備を重ねて、エントリーをおこなって、試験や面接に臨まなければなりません。

  そうした活動の道案内をしてくれるのが、大学の進路部です。一昨日の夕方に開催された「就職情報懇談会」では、昨年来の厳しい就職戦線の状況の説明とともに、4年生でも、進路部に「登録」をおこなっていない人が若干いるとの報告がありました。進路部への登録が、まず山登りのための第一歩の入り口です。 大学における就職の斡旋は、進路部が、職業安定法第33条の2(学校等の行う無料職業紹介事業)に基づいて、厚生労働大臣に届け出たうえ、無料で行われるものです。「登録」をおこなっていなければ、そうした道案内のサービスを受けることができません。

  文学部の場合、卒業後の進路は多様であり、必ずしも、企業への就職を希望しない人がい多いのが特徴だと思いますが、もし心当たりのある人は、至急、進路部に行って、登録をするようにしましょう。

  3年生のみなさんも、来年に向けて、いよいよこれから、ガイダンスなどが本格化してゆきますので、情報をきちんと受けとって、今何をしておけばいいのか、これから何をしなければならないのか、きちんと確認をしておくことが大切です。まずはガイダンスに参加して、写真の『PLACEMENT GUIDE 2011』をゲットしましょう。進路部作成の手帳(小冊子)ですが、大変よく出来ていて、これからの就職活動に必ず役に立つ道しるべになってくれるはずです。(K)

天理大学HP 進路・資格・就職情報

s-P1050813.jpg

s-P1050810.jpg

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。