スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

鍵・今里の蛇巻き、山田の虫送り、石上神宮のでんでん祭り

 このブログの最近の記事で、大和の伝統的集落の景観について書きましたが、ここ大和では、村落の景観が変容しつつも維持されているだけでなく、人々の暮らしと結びついたさまざまな民間信仰が今も息づいていて、農事暦に合わせた季節感あふれる伝統的な民俗行事をそこかしこで見ることができます。

 たとえば6月には、この日曜日、6月6日に、国の無形民俗文化財に指定されている田原本町の鍵・今里の「蛇巻き」がおこなわれますし、16日(水曜日)の夕刻には、天理市指定の無形民俗文化財になっている山田の「虫送り」が執り行われます。そして、もう少し先の話ですが、30日(水曜日)は、いよいよ、石上神宮の「でんでん祭り」=神剣渡御祭です。行事が始まるのは30日の午後1時からですので、授業が空いていて時間のある人は、この機会に是非、見学をしておきましょう。天理市関係の年中行事は、天理市観光協会のホームページがとても充実していますので、そちらを参考にしてください。

 こうした行事は、いずれも代々続いてきた伝統的な形態を保ちつつも、時代の流れに応じて、現代的な形に変化を示しているところがあるはずです。そうした行事や祭事に参加して、観察し、かつてはどのようにして行われていて、今現在は、なぜ、どのようにして、そうなっているのか、といったことを現場から考えてゆくのが、民俗学のひとつのフィールドワークになるのだろうと思います。

 私も学生時代、たしか大学の2年生の時だったと思いますが(記憶が曖昧ですね)、文化人類学の演習(教養科目)で、一ヶ月間、授業の合間に、祇園祭の「保昌山」に出かけて調査をおこない、地元の人々と触れあい、いろいろと教えてもらいながら、そうした観察をおこなった懐かしい思い出があります。天理大学の民俗学実習でも、同様に、さまざまな祭りや行事に参加して、現場から考えることを重視しています。

  ところで、天理大学では、体験型・参加型の科目として、各学科・専攻の実習科目のほか、総合教育センターのI先生が担当している「森に生きる」があり、毎年、歴史文化学科の学生も参加しています。吉野の森での暮らしにはまってしまったのかどうか、この春に卒業したX氏などは、リピーターで、毎年参加していましたね。学生時代の忘れ得ない体験になったのではないでしょうか。(K)

天理市観光協会HP

鍵・今里の蛇巻き

山田の虫送り

石上神宮のでんでん祭り

森に生きる



コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。