スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

基礎演習、グループ発表、図書館

 連休が終わったと思っていたら、いろいろと慌ただしくしているうちに、あっという間に6月になってしまいました。4月に始まった各授業とも、回数を重ね、春学期の終わりに向かって折り返し地点に到達し、いよいよ佳境にさしかかってきているように思われます。

 考古学・民俗学専攻では、1年次の概論・通論などの科目で、理論や方法論・研究史など、専門分野の基礎を学び、2年次・3年次では、各分野の専門知識をもった教員による講義や実習を通して、専門的な知識や技術をより深く学んでゆく、という形で、カリキュラムを構成しています。その一方、各学年に演習科目が配置されていて、学生が自ら課題を設定して、体を動かして、資料を調べ、考えをまとめ、口頭や文字で発表し、文章を書くといった実践・経験を積み重ねることを重視しています。
 
 火曜日の午後、4時間目は、1年生の必修科目「考古学・民俗学演習1」の時間です。この演習は、春学期は私の担当ですから、考古学分野を主題にした内容になりますが、春に新しく入学してきた1年生が大学生として専門的な勉学を開始するにあたって、基礎的なノウハウを身につけてもらうための導入的な性格をもった授業として位置づけています。考古学に関わる特定課題について文献や資料の収集・調査に取り組み、成果の発表をおこないますが、その過程を通して、図書室・図書館での文献検索や、参考館の施設と展示資料の活用、インターネットの利用、口頭発表の方法、レジメ作成、レポートの書き方などを学んでゆくわけです。

  シラバスにも書いていますが、天理大学が位置する恵まれた歴史的環境と充実した附属施設を活用し、教室での学習ばかりでなく、周辺の古墳や寺社、天理図書館、天理参考館に足を運び,体験的に学習を進めることもめざしています。

  そういうわけで、この演習の前半は、天理大学周辺の文化遺産を題材にして課題を決め、班に分かれて調べてゆく作業をおこなっていたのですが、今日は、その成果について、各班がレジメをもとに発表をおこないました。授業時間以外に何度も集まって相談や資料調べをしたり、あるいは、レジメの作成をおこなったりと、大変だったと思いますが、演習での発表というものがどのようなものなのか、感じがつかめたのではないでしょうか。各班ともなかなか頑張っていたと思います。どうもお疲れ様でした。(K)

大学周辺の文化遺産の見学 その1

大学周辺の文化遺産の見学 その2

s-P1050391.jpg

s-P1040723.jpg

s-P1050403.jpg

s-P1050394.jpg

s-P1050400.jpg

s-P1050395.jpg

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。