スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

聞いてなっとく弥生の世界(2010年度弥生時代入門講座)

 もうひとつ、弥生時代研究の情報です。まえの記事で紹介した近畿弥生の会が、大阪府の博物館問題に関連して、博物館が少しでも活性化するためにということで、昨年度から大阪府立弥生文化博物館との共催で開催している入門講座です。私も、この1月に、「弥生絵画の世界 ―絵画土器と銅鐸から見た稲作の祭り-」として、研究室の学生諸氏に手伝ってもらいながらこの講座の講師をボランティアで担当しました。遅くなりましたが、その節はどうもありがとうございました。

 今年は、各府県の弥生時代の様相を具体的に紹介するということで、まず最初にイントロダクションとして方法論についての解説があり、そのあと年間4回にわたって、京都、大阪、兵庫、滋賀の第1線の研究者がやはりボランティアの講師をつとめ、各地域における調査研究の成果を具体的に紹介します。「考古資料をじっくり見ていただきながら解説します」というのが、この入門講座の基本コンセプトになっていて、考古学専攻の学部生に是非参加してもらいたいという主催者の共通した思いがあります。

 今年は研究室の4年生で、やはり誰とは言いませんが、滋賀県の弥生時代の集落をテーマにして卒論を書く人がいますけれども、残念ながら、滋賀県の講座は2月ですから、卒論は、ちゃんと進めばの話ですが、完成してしまっている時期ですね。(K)

s-弥生入門講座チラシ(2010年度正規版) 

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。