スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

弥生時代の研究会ふたつ

 連休が終わり、7月はじめまで土日以外に休みがなく、長丁場の授業が続きます。また、この時期、土日には、あちらこちらで、特別展や学会・研究会などがあり、忙しい毎日が続きます。
 
 学生のみなさんも、忙しいと思いますが、大学の授業を聞くだけではなくて、特別展を見学したり、大学内外でおこなわれる学会や研究会などにも参加してみましょう。学生が主体となった研究会もあり、参加している他大学の学生との交流や情報交換をおこなうことで、刺激を受けつつ多くのことが学べるはずです。

 以下、弥生時代に関わる研究会をふたつお知らせしておきます。

 ①大和弥生文化の会の月例談話会。

 いつも、県内で文化財関係の仕事をしている人が10名ほど集まります。天理大学の卒業生が多く参加していることが特筆されます。天理大の学生もよく参加していますし、この3月には、春に卒業した先輩2名が、この談話会で卒論の内容を発表しました。

 まずは、今週木曜日、この談話会が大学で行われますので、少し時間が遅いですが、弥生時代に関心のある学生、あるいはそうでない人も大丈夫ですので、まず手始めに、是非参加してみましょう。

  ・日時:5月27日(木) 7時30分から

  ・場所:天理大学考古学実習室

  ・内容:豆谷和之「沢遺跡の意義」



②第 112 回 京都弥生文化談話会

  ・日時:6月5日(土)16:00 ~ 18:00

  ・場所:長岡京市中央生涯学習センター 6階会議室2
      京都府長岡京市神足2丁目3番1号
      (バンビオ1番館内 長岡京市立総合交流センター)
        会場はこちら
      JR長岡京駅を降りてすぐです。
      ※JR長岡京駅は、JR京都駅から電車で9分。
       JR京都駅までは、近鉄で天理からちょうど1時間。

  ・発表:酒井将史(名古屋市見晴台考古資料館)
      「古墳出現期の土器移動と地域間交流」


 この研究会は、私が学生時代に始まったものですが、学部生・院生あるいは若手の研究者のオープンな勉強会として運営・開催されています。研究室にも、誰とは言いませんが、今年、似たようなテーマで卒論を書こうとしている人がいます。万難を排してとまでは言いませんが、是非参加しておくといいのではないでしょうか。(K)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。