スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

加藤さんの授業、いろいろと考えさせられる名授業でした

 本日、4限目、長岡市立科学博物館の加藤由美子さん(考古学専攻第4期生)が、キャリアデザインの授業で、歴史文化学科の学生を含む全学の受講生に、専門的職業に関わる事柄を中心に、自らの体験談を披露しました。タイトルは「学生時代の経験を就活に活かすために」。授業時間の90分をフルに活用して、後輩への強いメッセージを送ってくれました。
 
 内容が濃くて、とても簡単には要約できませんが、北海道で過ごした高校時代には進学ではなく就職をめざした努力をしていたが、関西への修学旅行を契機に奈良での勉学を志したこと、天理大学時代に参加した天理市教育委員会の発掘調査の仕事を通して職業観を身につけ、専門的な職業に有用な技術や知識を得たこと、当時は自身の興味から受講していた大学の授業(「文学」や「芸術論」)や課外の古文書を読む会などで得た知識や経験などが現在の仕事で思いがけず役に立ち、自らの糧になっていることなど、の話が印象的でした。

 その後、詳細は省きますが、4年生秋からの就職活動での苦労話、現在の仕事に付いてからの出来事や体験など、興味深い話が続き、つい最近関わった展示作業(戊辰戦争で沈没した蒸気船、『順動丸』のシャフト)のエピソードが紹介されました。人口約1万の小さな町(寺泊町)の教育委員会での仕事は、幅広いさまざまなことをしなければならず、大変だったが楽しく鍛えられ、人とのつながりも豊かだったのに対して、隣接する大きな市(長岡市)に吸収合併されてからは、仕事の内容は縦割り細分化されてしまい、逆に広がりがなく悩んでいるなどといった話は、仕事の面白みという点で、大企業か、中小企業という選択において、一般企業でも共通しているのではないかと思いました。大学もまたそうかもしれません。

 市町村で実践されている文化財や社会教育、博物館の仕事の実際、人とのつながり、そしてその中でどのように自らが変わってきたのか、また、これから変わってゆこうとしているのか、当事者の体験を通して、非常にリアルに語られたわけですが、受講生諸氏も、めざす道はさまざまですが、刺激を受けいろいろと考えさせられた授業だったのではないでしょうか。拍手。

 加藤さん、今日はどうもありがとうございました。(K)

s-P1040542.jpg

s-P1040545.jpg

s-P1040550.jpg

加藤さんに感謝の拍手とコメントをお願いします。
    ↓
コメント

 キャリアデザインの授業担当をしております生涯教育専攻の佐々木です。加藤さん、お忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。専門家が地域に根ざしていく過程で意識の変化や深まりがあった様子がよく伝わってきて、興味深く拝聴しておりました。
 個人的な話で恐縮ですが、この日の夜に奈良生涯学習研究会という集まりがあり、うかがったお話をすこしだけ口頭で紹介してみました。すると、公民館の職員さんや社会教育の研究者も非常におもしろい話だねと、ワクワクした雰囲気になりまして。地域の中にいかに入っていくかだとか、市町村合併後の悩みなどは、皆が共有している部分でもありますね。
by: 佐々木保孝 * 2010/05/22 10:51 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。