スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

発掘調査に関する書籍2冊

 六一書房から届いたメールニュースに興味深そうなタイトルの本が紹介されていました。以前に自費出版されたものを再出版することにしたものらしく、発掘調査に関する実践的な内容がイラストを多用して説明されているそうです。1260円とそんなに高くありませんので、これは、入手しておかなければなりません。紹介されている目次を見ると、たしかに、かなり実践的かつ具体的な内容のようで、「考古学実習」(2年生の専門教育科目)のテキストとしても利用できるかもしれません。
初めての発掘調査 さあ、考古学へ挑戦だ

 このブログで以前に紹介した『発掘調査のてびき』(44年ぶりの改訂!)も、同成社から、6月に刊行されるようです、こちらは、予価5250円と、授業のテキストにするにはちょっと高いですね。でもまあ、考古学を専門として学ぶ人には、座右の書のひとつとしてやはり必要でしょう。
発掘調査のてびき

 どちらの本も、日本流の発掘調査の方法を記述したものと言えます。(k)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。