スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

山辺の道を歩く

去る11月1日に、考古学・民俗学専攻の1年生、2年生と有志で
秋の紅葉の美しい山辺の道を歩きました。

昨年に引き続き、2度目の「山辺の道探索」企画です。

今年は、桜井駅方面から三輪、纒向へと向かうコース。

午前中は生憎の雨模様でしたが、
桜井茶臼山古墳へ上り、海柘榴市(つばいち)を通って、平等寺に到着。

s_写真0 桜井茶臼山古墳にて s_写真1 平等寺にて

午後は雨も止んだので、大神神社をゆっくりまわりました。

s_写真2 大神神社展望台より 畝傍山(左) 耳成山(右)を望む
 

その後、三輪町方面を歩き、桜井市埋蔵文化財センターを見学しました。

s_写真3三輪の町を歩く


ここですでに4時をまわったので、纒向周辺はまた改めて訪れることにしました。

”山辺の道にもっとも近い大学”という地の利を活かして、

近いうちにまた歩きたいと思います。

s_写真4 鳥居前で記念撮影
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。