スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

考古学実習、岐阜県小衣斐村ノ内遺跡、あと2日

 岐阜県大野町での考古学実習も、気がついてみると、残りあと2日。

 層位を確認しながら、スコップやバチ鍬で掘り下げを進める。ガリを使って、遺構面を精査し、遺構検出を行う。検出した遺構の半分を慎重に掘り下げる。遺物が見つかった場合は、出土層位や遺構を記録し、大きな破片が見つかった場合は、竹べらで慎重に全体を明らかにし、スポンジで器面を清掃し、出土状況の写真撮影を行う。

 こうした作業は、実習生は多くが初めての体験で、毎日があっという間に過ぎてゆきます。夜は、宿舎でミーティングと日誌書きやさまざまな作業。そのあとは、もちろん、楽しい自由時間。あまり夜更かしをしないように、皆さん、もう少し頑張りましょう。(K)


s_20140221_1.jpg

s_20140221_2.jpg

s_20140222.jpg

スポンサーサイト

考古学実習2

考古学実習、第2報です。

昨日、いよいよ発掘調査が始まりました。
最初は重機で地表近くの土を取り除き、以後は手で調査します。
今回は縦長に3つのトレンチを設けました。
遺構も見つかり始めてます。

夜はミーティングを行って、一日の作業を振り返り、情報を共有し合います。
朝から晩まで、充実した時間を過ごしています。

IMG_9443.jpg
IMG_9400.jpg
IMG_9452.jpg


考古学実習1

考古学実習が始まりました。

今回も岐阜県大野町にお世話になります。
今回の調査は、小衣斐村ノ内遺跡の発掘調査と小衣斐大隆寺遺跡のレーダー探査です。

午後に現地集合し、その後、小衣斐村ノ内遺跡でトレンチ設定と、発掘前のレーダー探査を行いました。

みんなやる気満々、順調に作業が進みました。

調査は明日からが本番、伊吹おろしの西風が厳しい現場ですが、寒さに負けずがんばりましょう!

IMG_9353.jpg

IMG_9355.jpg

長谷寺 だだおし

今日は大雪の中、
長谷寺の「だだおし」にでかけてきました。
「だだおし」は、
2月8日から続く修二会の結願の日、14日に行われる鬼祓いの儀式です。

雪化粧をした長谷寺は荘厳でした。
DSCF0167_convert_.jpg

法要が終わると、緑、青、赤の鬼たちが大松明を従えて、
本堂の前を、暴れながら駈けて行きます。
DSCF0183_convert_.jpg

DSCF0208_convert_.jpg

左右に揺れる大松明を除けながら、
間近で見る鬼は迫力がありました。

DSCF0193_convert_.jpg

ご利益があるという松明の燃え残りも拾いました。
無病息災を願い、研究室に飾っておきます。

春の訪れが待ち遠しいです。(Y)

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。