スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

民俗学実習4日目

民俗学実習4日目。
今日の午前中で作業は終了です。
そのため最後に、重くてなかなか動かせない大型民具の整理に取りかかりました。
壊れかけた木摺臼(きずるす:木製の籾摺)や、唐臼(からうす:この地域ではダイガラ(台柄)とも呼ぶ)などをきれいに掃除し、計測して写真を撮影し、次々と体育館に運びました。



丸二日間の作業でしたが、体育館下の一角の民具を整理して、体育館内に並べることができました。
民具の種類も豊富で、また同種類の民具の点数が多いものもあり、多様性をみることができて、たいへん勉強になりました。
とても充実した民俗学実習を送ることができました。



午後からは、土井ケ浜遺跡・人類学ミュージアムを見学しました。
最初に、天理大学考古学・民俗学研究室の先輩で、当ミュージアムの学芸員である小林善也さんから、「考古学からみた土井ケ浜弥生人」と題した講義を伺いました。
弥生人の人骨が多数、発見された土井ケ浜遺跡では、墓は東西方向に作られ、みな頭部を東側にして埋葬されています。
つまり、頭蓋骨はみな西の方向、海に面しています。
それは、渡来系弥生人の代表である土井ケ浜の弥生人が、もときた海の方角を見ているのでは、という説と、東から西に向かって傾斜している地形に由来しているのでは、といった説があるといいます。
また、弥生時代中期になると、土井ケ浜遺跡周辺の、つまり海に近い付近の集落はなくなり、集落の位置はさらに内陸部へと移動していきます。
ところが、墓域だけはそのまま土井ケ浜遺跡の周辺に作られ続けていきます。
これは、渡来系弥生人としての集団の帰属意識を維持するためではないか、とも考えられています。
たいへん興味深い講義を聴いたあと、人骨の埋葬状況をそのままに示すドームを見学しました。
すべての人骨が西の方向を向く埋葬方法に、目を奪われました。









今回の実習では、葬送儀礼に用いられる、死者を運ぶガンを実際に見て、運ぶことができ、また、はるか弥生時代の埋葬状況も身近に見ることができ、死者に対する周りの人々の思いを、改めて想像することができました。



宿に戻ってからは、豊北町歴史民俗資料館館長の吉留さん、土井ケ浜遺跡・人類学ミュージアムの学芸員・小林さんとともに、みなで打ち上げをしました。
イカのおいしい刺身と久々のお酒は最高においしかったです。
明日はいよいよ最終日。特牛の港と漁港のセリを見学します。

スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。