スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

第23回談話会 & 研究室20周年記念講演会

先日、5月12日に第23回天理考古学・民俗学談話会、天理大学考古学・民俗学研究室20周年特別講演会を天理大学ふるさと開館にて開催いたしました。

 考古学・民俗学研究室の卒業生、在校生をはじめ、各地で発掘調査や文化財行政に関わっておられる方々、考古学、民俗学に興味をお持ちの方々など、たくさんのみなさんにお越しいただきました。ありがとうございます。

プログラムは以下のとおりです。

第1部
1、桑原久男(天理大学考古学・民俗学研究室)
「天理の考古学、その伝統と新たな展開」

2、安井眞奈美(天理大学考古学・民俗学研究室)
「天理大学の民俗学20年」

3、山内紀嗣(天理大学附属天理参考館)
「イスラエルにおける発掘調査の20年」

4、小林善也(土井ヶ浜遺跡人類学ミュージアム学芸員)
「土井ヶ浜遺跡研究の現在と展望」

5、鈴木 綾(陸前高田市立博物館学芸員)
「陸前高田市立博物館の復興にむけて」

第2部
金関 恕(天理大学名誉教授・前大阪府立弥生文化博物館館長)
「研究室設立20周年、回顧と展望」

 
 桑原・安井は、研究室20年の成果を発表、山内紀嗣さんは、本研究室に関わりの深いイスラエル調査の概要を紹介されました。
小林善也さん(卒業生)は、弥生人の人骨が大量に出土し、考古学史上の大発見となった土井ヶ浜遺跡のこれまでの研究を、丁寧に解説してくれました。 
今年の民俗学実習で、土井ヶ浜遺跡を訪れる予定です。
鈴木綾さんは本研究室を卒業後、昨年4月に陸前高田市立博物館の学芸員として赴任しました。発表では、被災後13ヶ月にわたる復興の過程を、写真もまじえて詳細に報告し、万一の災害に備えた具体的な案を出してくれました。

最後に、鈴木さんより考古学・民俗学研究室をはじめ、学長先生、教職員、学生の皆さんに復興支援へのお礼の言葉が述べられました。

発表を聞いていた学生からは、「これほどひどいとは思わなかった」という驚きの声が聞かれました。

休憩時間を利用して、天理大学附属天理図書館の特別展も見学しました。

第2部は、天理大学名誉教授・前大阪府立弥生文化博物館館長の金関恕先生による、「研究室設立20周年、回顧と展望」と題した記念講演でした。
考古学がどんなにおもしろい学問なのか、自らの生い立ちを振り返って、わかりやすくお話されました。
新入生は「わくわくしました!」と後から感想を話してくれたように、
みな、金関先生のお話に魅了されました。

その後、参加者全員で記念撮影。

学生食堂での懇親会は、金関先生を囲んでおおいに盛り上がりました。

なお、陸前高田市立博物館の復興への募金は、当日だけで58,775円集まりました。これまでの募金とあわせた85,404円を、鈴木綾さんを通して、陸前高田市立博物館へ送ります。

改めて、みなさんのご協力に心より感謝いたします。


IMG_2556.jpg

IMG_2591.jpg

IMG_2597.jpg

IMG_2611.jpg

P1000372.jpg


スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。