スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

民俗学実習5日目(最終日)

今日は朝一番で、福山市にある阿伏兎観音さんへと行きました。
ここは海上交通、安産、子授けの観音さまです。
乳の絵馬がお堂にはたくさんかけられており、祈願に来る人が作って持って来るため、絵馬や乳の大きさや形などは様々でした。

続いて、鞆の浦です。
ポニョですっかり有名になりましたが、中世以降港町として栄えていた鞆は、道々で魚が売られたり、古い町並みが残されています。
町並みを見ながら対潮閣、歴史民俗史料館、常夜灯、ガンギ、平賀源内生祠などを見学し、平成のいろは丸にも乗りました。

その後、福山に戻り、県立博物館へ。
ここは草戸千軒遺跡の展示が中心となっており、中世の村が復元されています。
とても見応えのある博物館でした。

この五日間、色々ありましたが、とても充実した民俗学実習となったと思います。
また後期には、調査の整理作業もありますので、頑張っていきましょう!


20100730184821.jpg

20100730184825.jpg

20100730190038.jpg

20100730190406.jpg

20100730190031.jpg

スポンサーサイト

民俗学実習4日目

4日目の今日は、朝から宿泊していた場所の掃除、そして各自の荷物を整理して、朝9時にバスに乗って出発。
観光ガイドの方にも同乗していただき、周防大島町内を巡ります。
バスの中で色々な解説を聞き、帯石観音、延命の滝へと行ったあと、棚田再生プロジェクトのお手伝いをさせていただきました。
棚田の石垣の土を除き、草を刈ります。
また、ブルーベリーの収穫もお手伝いしました。

その後、八幡生涯学習の村へと移動し、昼食。
食後には宮本常一の呼びかけによって集められた民具を展示した歴史民俗資料館へ。
時間がなくてじっくり見れませんでしたが、圧巻の展示でした。
最後の締めくくりとして、国指定文化財の石風呂を見学し、体験用の石風呂に実際に入らせてもらいました。
外は暑かったはずなのに、石風呂から出るとすごく涼しく感じました。

そして道の駅でお土産を買い、大畠駅で解散しました。
一応今日で実習は終わりですが、明日もう一日福山・鞆ノ浦オプショナルツアーがあるのです。
そのため、半数は福山へ、半数は解散となりました。

20100729221427.jpg

20100729221438.jpg

20100729223259.jpg

20100729223322.jpg

20100730062411.jpg

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。