スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

猛暑、デスクワーク

  連日の猛暑が続いています。今日は終日、研究室でのデスクワークをおこなうことができ、来月の海外調査のための書類作成や会計作業、メールのやりとり、昨日おこなった考古学概論の採点作業などに明け暮れました。今の大学の実情かもしれませんが、授業期間中は、学生も教員も非常に忙しく、授業やその他諸々で時間が細切れになり、なかなか腰を据えてデスクワークや原稿書きをおこなう時間とゆとりがありません。

  夜は田原本町の文化財整理棟で大和弥生文化の会の例会があり、田原本町にある多遺跡の調査成果についての報告がありました。今年の冬に行われた細長いトレンチ調査ですが、集落遺跡の南東部の様相が明らかになる貴重な知見が得られていて、興味深い内容でした。私にとって特に興味深かったのは、弥生後期の環濠と見られる大溝から近江系の土器(甕)が出土していることでしたが、ちょうどいま橿原考古学研究所の「大和を掘る」に出展されているとのことで、今日は現物を見ることができませんでした。

  今年の「大和を掘る」は、話題を集めた数々の発掘調査の出土遺物が展示されていますので、見逃すわけにはいかないようです。私も海外調査前で忙しいのですが、見に行かねば。(K)
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。