スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

市内某所 打ち上げ会

  昨日の研究室七夕会に続いて、今日は、天理市内某所にて、東大寺山古墳研究会のメンバー18名が集まって、打ち上げ会をおこないました。2006年に始まった研究会ですが、『東大寺山古墳の研究』の刊行をもって、その活動も一区切りとなります。

  この間、天理大学・天理参考館のみならず、東京国立博物館をはじめとした他機関の研究者にも大変お世話になりました。研究会のメンバーで、資料が保管されている東京国立博物館に何度も缶詰になって作業をおこなったり、現地の竹藪で悪戦苦闘しながら測量調査をおこなったことも、今となっては懐かしい思い出です。 

  金関恕先生ご夫妻を囲んで、報告書の刊行をこうして祝うことができたのは、先生に教えを受け、学恩を得た後進として、非常に感慨深いものがあります。完成した報告書が当たり前のように手元にあるのが何だか不思議な感じさえします。研究会が立ち上がったときには、まったく手探りの状態でしたが、多くの関係者が熱意をもってそれぞれの役割を担い、力を合わせることによってついに報告書を完成させることができました。(K)

s-P1060910.jpg

s-P1060914.jpg
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。