スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

西山古墳、バーチャルフライト、ランドマーク

 今日は、google earthのバーチャルフライトで、大学食堂の横にある西山古墳を眺めてみました。全長180mで、日本最大の前方後方墳として知られていますが、墳丘の2段目から上は前方後円墳の形をしていることがわかります。

  ですが、バーチャルはあくまでもバーチャルなので、実際に遺跡に足を運んで大きさや形を実感する方がはるかにいいのは当然です。下の写真は、前方部から後方部側を眺めた実写です。春に撮影した光景ですが、今は、すっかり雑草が生い茂り、墳丘に登るのは難しい状況になっています。



s-IMG_4105.jpg

s-P1030902.jpg


 天理大学の学生なら毎日のように眺めているはずですが、天理教本部から大学へと向かう交差点のところには、建設部局が設置した西山古墳の標識があり、三カ国語での標記まであるのは素晴らしいと思います。ただ、古墳の形が前方後円墳として示されていて、間違っているとまでは言えませんが、気になっています。単なるシンボルマークなのかもしれませんが、やはり、前方後方墳として表示してほしいものです。(K)

s-P1050291.jpg

春学期残りわずか

 相変わらす湿気が多く、不快指数満点の毎日が続いています。大学の授業も春学期の大詰めで、来週の15日で授業期間が終了し、続いて、試験期間となります。学生のみなさんも、この時期、レポートや試験で大変だと思いますが、あと一頑張りです。目の前の課題をきちんとこなして、夏休みを迎えられるようにしましょう。

 今の時期は、サッカーで言えば、ちょうど前半のハーフ終了前の5分といったところでしょうか。心身ともに非常にきついと同時に、危険な時間帯でもあり、油断は禁物です。敵陣前で不用意なファウルを取られてしまわないよう気をつけなければなりません。
 
 さて、明日はいよいよ卒業論文の中間発表の第1回目です。限られた時間の中で、これまで自分がどのような取り組みをおこない、どこまで進展しているのか、今後どのような方針で課題に臨んでゆくのか、参加者にきちんと伝わるよう、工夫をしてもらいたいと思います。いつもとは違って、実習室に集合してもらいますので、よろしくお願いします。

 来週になると、授業終了日の7月15日には研究室の七夕会、18日は大学のオープンキャンパス、26日からはこどもおぢばがえりが始まり、賑やかなイベントが続きます。天理の町は、もうすっかり、こどもおぢばがえり直前のモードに突入しています。(K)
 
s-P1060641.jpg  s-P1060639.jpg

s-P1060636.jpg

s-P1060654.jpg

google earthのバーチャルツアー

  この週末は、先週に続いて東京に出かけていました。立教大学で開催されたイスラエル考古学研究会に出席するためです。天理大からは私のほか、参考館のY先生、H先生と学生2名が参加しました。

  研究会での発表で、google earth が活用されているのを見て、帰宅してから試してみたのですが、ver5になってから、ずいぶんと多機能になっているんですね。日本隊(古代オリエント博物館)が発掘調査したトルコのテル・マストゥーマの発表では、google earthで発掘された町並みまでがはっきりわかるとのことでしたので、探してみたのですが、残念ながら探し当てることができませんでした。

  代わりに、8月に発掘調査をおこなうイスラエルのテル・レヘシュ(全長約350m)と宿舎になるキブツ・エンドルの周辺を空から眺めるツアーを作成し、スクリーンレコーダーのBB FlashBack Expressというフリーソフトを使ってフラッシュビデオを作成してみました。これで約400KBです。この機能、いろいろと使えそうです。(K)

s-P1060628.jpg

s-P1060629.jpg


考古学作業チーム

 金曜日の放課後は、0先生の呼びかけで、いつも、「考古学作業チーム」の有志が毎週、実習室に集まって、2月の考古学実習で発掘調査をした岐阜県の小衣斐大隆寺遺跡の報告の作成をめざして作業をしています。今日は、夕方に用事があったために参加することができなかったのですが、どのような作業をしたのでしょうか。

 小衣斐大隆寺遺跡は川原寺式の軒丸瓦が出土していることでかねてから有名な遺跡ですが、天理大の調査では、軒瓦は見つかっていません。しかし、川原寺で見つかっているのと同じ「凸面布目瓦」の破片が含まれていています。ほかは、縄叩きの平瓦片や須恵器、灰釉陶器、土師器の破片などです。

 これまで、出土資料の確認やネーミングなどをおこなってきて、ほぼ終了しましたので、 いよいよこれからは実測や拓本の作業ですね。(K)

s-P1050539.jpg

s-P1050542.jpg

s-P1050541.jpg

新しい事務助手さん

 今日は、新しく研究室の事務助手を勤めてくれることになったSさんの仕事始め。朝から出勤して、さっそくてきぱきと、たまっていた仕事の片付けをはじめてくれました。どうぞ、これからよろしくお願いします。研究室の管理や片付けをしてくれるだけでも助かりますので、あとの仕事はだんだんと慣れていってもらえればと思います。

 さっそく仕事のことでわからないことがあり、前任のSさんに電話をして、いろいろと教えてもらいまいした。前任のSさんも15日の七夕会にはお見えいただけるとのことで、研究室の一同、楽しみにしています。(S)

s-P1060613.jpg

前ページ | ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。