スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

基礎演習、来週から個人発表

  火曜午後の「考古学・民俗学基礎演習」は、先週でグループ発表が終了しましたが、今年は、発表のやり直しもなく、今日は、来週から始まる個人発表にむけて、各自が、資料調べとレジメの作成準備をおこないました。

  2号棟の考古学実習室を基地にして、隣の8号棟(図書室)に出かけ、それぞれ文献調べをおこないました。個人発表の課題は、参考館の展示資料のうち、3階の「世界の考古美術」の部屋に展示してある資料を選択して、スケッチをおこない、その資料の特徴、製作された時代、用途や意味などを調べます。

  たとえば、参考館には、縄文晩期のいわゆる「遮光器土偶」が展示してありますが、それを課題にする場合、その土偶の大きさや形などの特徴をよく観察し、その土偶が製作された時代、縄文時代についてまず理解し、土偶についての文献を調べ、土偶がどのように変遷したのかについてこれまでの説を確認し、参考館の土偶はどのような位置づけができるのか、さらに、土偶の用途や意味はどのように考えられているのか、といったことをレジメにまとめて発表するということになります。

 発表の順番はすでにくじ引きで決まっています。最初の方に当たった人は、調べる時間が少なくて大変でしょうし、後の方に当たった人は他の人の発表を参考にできますので。いずれにしても、学期末に、発表した内容を踏まえたレポートを提出してもらいますが、最初の方に発表が当たった人は、レポートで補足をして、課題についての理解を深めてもらいたいと思います。

  来週からの個人発表、毎年、受講生が個性的な発表をしてくれますので、私も楽しみです。発表をしてもらうことで、受講生ひとりひとりの個性がよくわかるようになります。(K)

s-P1050786.jpg
8号棟(図書室)の3階から東を見る。遠方は石上神
宮の森、右は天理図書館、左は研究棟。

s-P1050783.jpg

s-P1050782.jpg

s-P1050781.jpg
スポンサーサイト

七支刀特別拝観も残りわずか

 七支刀の特別拝観もいつのまにか今日で17日目。あと残り3日となってしまいました。この1ヶ月ほど、解説ボランティアという形で、歴史文化学科の教員・学生に、国宝七支刀を間近に観察する機会を与えていただいた関係各位の皆様に感謝をしたいと思います。このような機会は滅多にあるものではありません。

 私の最後の担当となった今日の午前は、あいにくの雨模様となりましたが、いつものように約50名の拝観者が集まり、国宝の拝殿で正式参拝を済ませたあと、長生殿で、解説を受け、A班、B班に分かれて七支刀の拝観をおこないました。解説ボランティアによる説明を聞きながら、和気あいあいとした雰囲気の中で、七支刀の拝観をしていただくという今回の試みは、県の事業協会の企画と石上神宮のご理解によるものですが、拝観者の方々からも評価をいただいているようで、ひとまず、成功だったと言えるのではないでしょうか。(K)

s-P1050763.jpg

s-P1050768.jpg

s-P1050764.jpg

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。