スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

基礎演習、参考館、参考文献

  いよいよ個人発表が始まった1年生の基礎演習ですが、次の火曜日は、第2回目として、6名の発表が予定されています。課題をみると、「コアガラス」、「古代ガラス」、「山田寺の瓦」、「銅矛」、「双龍環頭大刀」、「甕棺」となっていて、やはり、バラエティに富んだ内容になっています。

  発表にあたっては、何よりも、事前準備をしっかりとおこなって、レジメをよく考えて作成しておくことが大切です。資料について調べるためには、インターネットの活用もある程度までは可能ですが、ネットの場合は「情報」として見るべきで、むしろ、文献を調べるために利用をするのがいいと思います。しっかりとした文献資料を探して調べる練習をしましょう。

  もうひとつ、より専門的な文献を調べる手がかりになるのは、研究室や図書室に常備されている事典類、そして何よりも、参考館が刊行している図録などの出版物などでしょう。天理参考館の資料を紹介した図録や刊行物には次のようなものがあり、8号棟の図書室にすべて揃っているはずです。これらを活用しながら、より詳しい文献を見つけてゆきましょう。(K)

s-P1060290.jpg  s-P1060272.jpg
『天理参考館常設展示図録』、毎年春秋の企画展の図録は、参考館の受付で販売しています。このほか、東京の天理ギャラリーでおこなわれた展覧会の図録もあります。第35回企画展の図録の内容は、ずばり「古代ガラス」ですよ。

 s-P1060291.jpg  s-P1060289.jpg
教祖誕生百周年記念で刊行された図録は、参考館の収蔵資料を数多く紹介していますが、残念ながら入手不可能です。また、参考館の資料を紹介した大型図録『ひと もの こころ』は道友社の販売部で購入可能ですが、価格が高いので、図書室で利用をすればいいと思います。

s-P1060303.jpg  s-P1060304.jpg
毎年1冊刊行される『天理参考館報』は、参考館の学芸員による収蔵資料の研究成果などが報告されています。第9号には、個人発表の課題に選ばれている「伏義女媧図」や「双龍環頭大刀」についての論考が掲載されています。

三彩、大唐皇帝陵展

  基礎演習の授業では、天理参考館の唐三彩資料を個人発表の課題に選んだ人が数名いますが、遷都1,300年を記念して橿原考古学研究所附属博物館で開催されている「大唐皇帝陵展」では、唐三彩をはじめとした関連資料が多数展示されています。明日が最終日ですので、まだ見ていない人は、是非、駆け込みで見ておくといいと思います。

  私は、先日、研究所の図書室を利用したあとに見学をしたのですが、皇陵クラスの墓室から出土した資料がずらりと並んでいます。墓室や墓道を飾る壁画のスケールにまず圧倒され、高松塚古墳やキトラ古墳の彩色壁画の小ささに気づかされます。また、墓誌から被葬者と没年をはっきり特定することができるのも素晴らしく、唐王朝の宮廷をめぐる歴史ドラマの一端に触れることができます。

  もちろん副葬品の内容も豪華です。とはいえ、土中に埋もれて出土した考古資料であるという性格から、木製品や布製品は残っていなくて、陶器や土製品、金属製品といったものばかりです。よく観察すると、金属製品の精巧な文様など、当時の最高級の芸術品であることがわかります。

  しかしながら、奈良では毎年秋の正倉院展で、服飾、木工、金工、陶器などなど、あらゆるジャンルの彩色豊かな工芸品を見ることができますので、それと比べると何か物足りないようにも感じてしまいます。というよりは、中国で言えば唐代(盛唐~中唐期)と重なる奈良時代の宮廷を彩ったさまざまな文物が、考古資料としてではなく、宝物として現代まで伝わってきた正倉院の方がむしろ特殊なのだと改めて気づかされます。(K)

s-P1060199.jpg  s-P1060233.jpg


s-P1060175.jpg
 ならふぁにある巨大な「三彩駱駝」です。1時間ごとに
人形が現れてエキゾチックな音楽を奏でます。

雨空、ご退職、ホリデイプラン

  今朝、家を出るときはまだ雨が降っていなかったのですが、天気予報が雨だったので、自転車を止めて車にしたのは正解でした。1時間目の授業、「考古学概論」が始まる頃から、窓の外は雨空に変わり、授業が終わる頃にはすっかり雨足が強くなっていました。雨の予感がして、教室まで傘を持っていったのも正解でした。

  ところが、研究室に戻ると、傘を持たずに登校してきて、ずぶ濡れ状態の学生が約1名いて、まわりのみんなが茶化していたのですが、そこにもうひとり、絶妙のタイミングで、ずぶ濡れのS先生がバタンとドアを開けて入ってきて、思わず、研究室に明るい笑い声が広がりました。

  蒸し暑く、不快指数の高い毎日が続いていて、いろいろなことが起きたりもしますが、気持ちまで湿っぽくならないようにしてゆきたいものです。事情により、研究室の事務助手を長く勤めていただいたSさんがご退職をされることになりましたが、7月の七夕会には是非お顔を見せていただけたらと思っているところです。

  夕方、いつも海外調査のフライトなどの手配をお願いしている旅行会社、ホリデイプランに立ち寄りました。大学のすぐ近くにあって、元気印!がシンボルマークの会社ですが、初夏を迎えて涼しい装いにイメージチェンジがされていて、オフィス全体が爽やかな雰囲気に包まれていました。サービスでいただいたプアー茶もとても冷たく、さっぱりとしていました。

  模様替えで奥にしまわれたそうですが、このオフィスの壁に掛けらていた額縁には、「真剣だと智慧が出る 中途半端だと愚痴が出る 良い加減だと言い訳が出る」と達筆の文字があって、前から、誰の言葉だろうと思っていたのですが、ネットで調べてみると、巨人の川上監督のセリフだとありました。会社の新人研修などでも使われそうな訓辞ですが、確かに、「仕事」というものの本質をついているところがあるように思います。どうでしょう、学生のみなさん、卒業論文や就活にも、あてはまるのではないでしょうか。(K)

s-P1060163.jpg

イスラエル考古学研究会の案内です。

  この4月、事務局が天理大学から立教大学に代わったイスラエル考古学研究会ですが、第13回研究会の案内が事務局から届いています。開催日時が近づいてきましたので、転記してお知らせしておきます。いつも、研究室のパソコンでKさんが頑張ってくれている仕事と関係がありますね。参加希望者は、私までお知らせ下さい。(K)

-----------------------------------
さて、第13回イスラエル考古学研究会を、下記の通り、7月3日(土)に立教大学におきまして開催する運びとなりましたので、ご案内申し上げます。参加費500円。 
          
 日時 7月3日(土)13:30~
 会場 立教大学池袋キャンパス7号館7202教室
(立教通りを池袋駅方面から来ると左手になります。駅に近い方です。)

キャンパスマップ アクセスマップ

○13:30- 副会長より御挨拶、規約の改正に関する審議

○13:50- 研究会
1 発表
   13:50~14:30  高井啓介 「イスラエルの民間信仰と考古学:「エンドルの霊媒の女」をめぐって」
 14:30~15:10  津本英利 「シリアの後期鉄器時代・アケメネス朝時代:テル・マストゥーマの事例を中心に」

2 エン・ゲヴ英文報告書作成と関連して
15:20~15:40  桑原久男 「エン・ゲヴの遺構について」
 15:40~16:00  長谷川修一 「エン・ゲヴ出土のアンフォラの年代について」
 16:00~16:20 小野塚拓造 「エン・ゲヴ出土の石製品について」
 16:20~16:40 牧野久実「続 エン・ゲヴのペルシャ~ヘレニズム時代の考え方」
 16:40~17:00 質疑応答

○17:30- 懇親会  会費:一般4.000円、学生3,000円を予定
         場所:池袋駅周辺で検討中

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
イスラエル考古学研究会事務局
〒632-8510 豊島区西池袋3-34-1
立教大学文学部月本研究室
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

オープンキャンパス、スタッフ募集

  秋から本格的に始まる受験シーズンを前にして、天理大学でも、7月から9月にかけて、オープンキャンパスが3回にわたって開催されます。大勢の高校生が来てくれるといいと思います。つきましては、例年と同様ですが、オープンキャンパスのサポートをする学生スタッフの募集をおこなうことになりました。

  詳しくは、本日、研究室の掲示板に貼り紙をしておきましたので、学生のみなさん、是非、スタッフの一員として、研究室の特色や雰囲気を高校生たちに伝えるサポートをしてください。天理大学の考古学・民俗学専攻に関心をもって、遠くから、あるいは近くから、高校生やご家族が例年たくさん来られますので、教員・学生が力を合わせておもてなしをしましょう。
 
  ちなみに、オープンキャンパスの予定ですが、各回の学科・専攻別イベント(考古学・民俗学専攻)は、下記のとおりとなっています。

  詳細は、天理大学オープンキャンパス情報 をご覧下さい。(K)


7月18日(日) イベントタイトル『Let’s 考古学 資料を調査してみよう』 
                                       
 概要: 遺跡で発見した土器や埴輪、瓦などの資料を、考古学実習室にある道具や機器を使って、いろいろと調べてみましょう。ルーペや実体顕微鏡で詳しく観察し、拓本(墨を使って文様を写し取ること)に挑戦してみます。いったいどんなことがわかるでしょうか。                                                                         
8月28日(土) イベントタイトル『民俗資料・博物館資料の取り扱い体験』
                                       
 概要: 伝統的な暮らしや信仰を今に伝える民俗資料の見方や扱い方を体験します。また、博物館学芸員になるために必要な技術として、掛け軸や巻物など、文化財の取り扱い方法を実演・実習いたします。                                   

9月11日(土) イベントタイトル『博物館を体験しよう』

 概要: 天理大学の附属博物館である「天理参考館」に行って、考古美術資料を見学します。資料をじっくり観察したり、よく似た資料を比較したりして、資料から情報を引き出す「目」を体験してみましょう。きっと自分だけの発見ができるはずです。

公開講演会、エン・ゲブ遺跡とテル・レヘシュ遺跡の発掘調査

 6月19日(土)に、同志社大学で下記の公開講演会がありますので、お知らせをしておきます。参考館の山内先生のお話です。(K)


「イスラエル北部のテル・エンゲヴ遺跡とテル・レへシュ遺跡の発掘調査」

この度、同志社大学一神教学際研究センターでは6月19日(土)に日本オリエント学会との共催公開講演会を開催することとなりましたので、ご案内申し上げます。

講演会の詳細に関しましては以下をご参照ください。

入場は無料、事前のお申し込みは不要ですので、どうぞ当日直接会場にお越しくださいませ。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。

----------------------------------------------------------------------
【日時】 2010年6月19日(土)14:00~16:00

【会場】 同志社大学 今出川キャンパス 明徳館1階 M1教室
     *京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」下車
3番出口より徒歩3分
地図

【テーマ】イスラエル北部のテル・エンゲヴ遺跡とテル・レへシュ遺跡の発掘調査
     
【講師】 山内 紀嗣(天理大学付属天理参考館・学芸員)
     
【スケジュール】
   14:00-15:30 講演
   15:30-16:00 質疑応答

詳細はこちら  公開講演会チラシ

お問い合わせ… 同志社大学 一神教学際研究センター  075-251-3972

梅雨、季節の風物詩、七夕会

  6月もすでに後半に差し掛かり、いよいよ春学期も終盤戦です。同時に、季節の変わり目でもあって、体力的、精神的にもちょっとハードな今日この頃ですが、教員・学生ともども、元気を出して乗り切ってゆきましょう。

  この時期、初夏の風物詩といえば、まずアジサイ、ホタルに加えて、カエルの合唱が思い浮かんでしまう私はやはり奈良県人なのでしょうか。奈良県では矢田寺のアジサイが有名ですが、ここ天理市内でも、自転車での通勤途上、きれいなアジサイの花を目にすることができますし、ホタルの便りも伝わってきています。夜には、まわりの田んぼからカエルの賑やかな合唱が聞こえてきます。

  この土曜日、6月19日には、「ふる里ウォッチング~布留の里でホタルを探そう~」というイベントが、「天理環境フォーラム2010」の一環として行われます。18:00に天理教本部黒門前に集合し、石上神宮まで向かうとのことです。ただ、今年については、ホタルはまだ少し時期が早いように思うのですが、集まった子供たち、布留川のホタルを見ることができるといいですね。聞くところによると、天理市内、いろいろとホタルの穴場スポットがあるようです。私も、石上神宮の近くで、ホタルの見事な乱舞を見た経験があります。

  さて、しばらくの間、このような季節の風物詩に彩られながら梅雨模様が続きますが、梅雨が明けるのと前後して春学期の授業が終わり、試験やレポートをクリアすれば、待ちに待った夏休みです。春学期の授業終了を締めくくるのが研究室恒例の七夕会ですが、そろそろ日程を考えなければなりません。

  3回生のみなさん、さあ、出番です! ぼちぼち、研究室の掲示板に七夕会スタッフ募集の張り紙がされてもいい時期になってきているのではないでしょうか。Mさんとか、Kさんとか、Oさんとか、4先生のベテラン先輩に相談をして、ノウハウを伝授してもらいましょう。(K)

環境市民ネットワーク天理HP

s-P1060125_20100616214253.jpg

s-s-P1050573.jpg

虫送り、初夏の水田

  今日も、梅雨空が続いています。夕方には、天理市内の山中にある山田地区にて、伝統的な「虫送り」の行事がおこなわれるとのことで、民俗学を専攻する研究室の学生が何名かで見学に出かけているようです。もしいい写真があれば、ブログで紹介してもらおうと思います。

  田園風景が広がる天理近辺ですが、田植えが終わったばかりの水田は、まだ苗が小さくて、水をたたえた池が広がっているように見えます。これからしばらく夏にかけては、雑草や害虫・害獣などの対処が農作業の焦点になってきます。農薬が発達している現代では「駆除」で片付けてしまいがちですが、かつての伝統的な稲作においては、害虫などの対策については、現代と共通する部分とそうでない部分があって、やはり異なる考え方があったものと思われます。今でこそ奈良県内では、山田地区にしか残っていない「虫送り」の行事ですが、かつては、県内各地の村々でふつうに行われておこなわれていたようです。

  現代に至るまで、「虫送り」のような伝統的な行事が存続してきた背景としては、いろいろな理由が考えられますが、ひとつには、個人的な意見ですが、技術が発達した現代においても、「虫送り」のような呪術の作用に何かしらの期待をする意識が人々のなかに存在するということがあるのではないでしょうか。(K)

山田の虫送り(天理市観光協会HP)

s-P1060105.jpg
明日香村の水田風景(飛鳥寺近傍)

s-P1060112.jpg
天理市乙木付近の水田風景

s-P1060117.jpg

文化財としての陵墓、世界遺産、丸山古墳

  夜中のワールドカップをつい見てしまったための寝不足気味の一日でしたが、午前中、先週に続いて、橿考研の図書室に出かけてきました。4年次生の卒論資料調査のための初回引率ということです。サイクリング部所属の約2名は、雲が垂れ込める梅雨空のなか、天理から片道1時間の道のりを自転車を走らせてきましたが、午後の帰路は雨で大変だったのではないでしょうか。

  私はもとよりそのような元気はありませんので、今日は、マイカーを利用したのですが、帰り道、少し遠回りをして、五条野丸山古墳に立ち寄ってきました。今朝の新聞で、「百舌鳥・古市古墳群」(大阪府)が、世界文化遺産の国内候補として、ユネスコの暫定リストに記載することが了承されたとのニュースがあり、橿原市にある丸山古墳のことが思い浮かんだからです。

  五条野丸山古墳は、巨大な前方後円墳ですが、その後円部の部分だけを宮内庁が陵墓として管理していて、後円部以外の残りの部分は文化庁が国史跡に指定しています。また、「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」を構成する資産のひとつとして、世界遺産の暫定リストにも記載されていて、同じ一つの古墳の墳丘が、陵墓として管理されると同時に文化財としても管理されている珍しい例であると言うことができます。

  「文化財としての陵墓」という認識を進めてゆくことは、天理市から桜井市にかけての山の辺地域の古墳群の今後のあり方を考えてゆく場合にも、ひとつの方向性になってくるように思われます。(K)

s-五条野丸山古墳 空中から
gooマップから  右方向のブルーシートは発掘された植山古墳

s-P1060104.jpg

s-P1060090_20100615213004.jpgs-P1060091.jpg

s-P1060095.jpg

基礎演習、個人発表開始

  4限目の考古学・民俗学基礎演習では、今日から個人発表が始まりました。これから毎週、5回にわたって、各回6名ずつ、天理参考館3階に展示している資料について調べた成果について、レジメにまとめて発表をおこないます。

  今日は初回でしたので、準備期間が短かったこともあり、準備不足と思われる発表も一部ありましたが、一方で、こちらが感心するほどよくできた発表もありました。足りなかった点などは発表後のコメントで指摘をしましたので、レポート作成時に補足をしてもらいたいと思います。

  今日の発表で取り上げられた課題をみると、中国の三彩、アスターナ古墓出土資料、日本の埴輪、エジプトのスフィンクスなど、バラエティーに富んでいます。天理参考館のこうした幅広い展示資料を授業の素材として活用できることも、天理大学の考古学・民俗学専攻が恵まれている特徴のひとつだと言えます。

  発表の課題を選んだ理由は人それぞれですが、参考館には実にさまざまな資料がありますので、あまり特殊な資料を興味本位で選んでしまうと、あとで参考文献が見つからず、苦労をすることになる場合もあります。

  さて、1年生のみなさんも大学における演習の発表というものが、どのようなものか、だんだんわかってきたと思います。専門的な内容についての発表ですから、レジメの書式や構成、文章の書き方、参考文献の引用方法、などといったことは、定型的なスタイルに従ってもらう必要があり、これは約束事としてマスターをしてもらわなければなりません。そのうえで、どのような内容を盛り込んで、どのように発表を組み立てて、発表をおこなうのかといった工夫の部分が、腕の見せどころになるのだと思います。

  とりあえず、今日の順番だったみなさん、どうもお疲れ様でした。また、来週以降の順番のみなさんも、今日の発表やそれに対するコメントを参考にして、自分の発表をよりよいものにするために活かしてください。来週も、個性豊かな発表を期待したいと思います。(K)

s-P1060056.jpg

s-IMG_0816.jpg

前ページ | ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。