スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

研究室パンフレット(新作)

  風薫る五月もいよいよ今日で終了。今日も好天が続いていて、大学のキャンパス周辺は、風がそよぎ、瑞々しい緑にあふれています。

  明日からは6月ですが、来年度入試に向けて、指定校となっている高校への訪問が始まり、続けて、7月から9月にかけては、3回にわたってオープンキャンパスが開催される予定です。考古学・民俗学専攻では、ここ数年の入試環境の厳しさを受けて、広報活動に力を入れています。4月におこなった天理高校の出前授業もそうですし、このブログもその一環と言えます。

 このブログをとおして、天理大学の考古学・民俗学専攻を志望のひとつとしてこれから検討をおこなう高校生や高校の先生に、天理大学と研究室の恵まれた歴史的環境、多彩な教育・研究活動、個性豊かなスタッフ陣、研究室の歴史や伝統、そこにつながる人々などを知ってもらうことができればと思います。

  研究室は、1学年の定員が25名、教員が6名で、とてもアットホームな雰囲気です。昨日の保証人との懇談会でも話していたのですが、大学というところは、やはり、専門の勉強をするだけでなく、それを通して、あるいはクラブ活動やその他のさまざまな機会を通して、いろいろな人との出会いがあり、コミュニケーションがつながってゆくところに意味があるだろうと思います。

  専門の勉強だけなら、本を読み、独学でもおこなうことができますが、大学はそれだけではなく、人生の中のある一定の時期を、大学という場所で過ごすという経験自体に意義があるのではないでしょうか。大学で得た友人は一生の自分の財産とも言えるでしょうし、研究室もやがて創設20周年を迎えますが、在学中に知り合って、やがて生涯の伴侶となったという同級生どうし、あるいは先輩-後輩の夫妻も数多くいて、2世誕生の便りも続々と寄せられています。
 
  ところで、このブログのメンテナンスでもお世話になっている卒業生のKさんが、安井先生の監修のもと、この春、研究室のリーフレットを新作してくれました。これから本格的に始まる入試広報活動で、とても役に立つアイテムがまたひとつ増えました。Kさん、どうもありがとうございます。(K)

s-研究室パンフ_ページ_4

s-研究室パンフ_ページ_1

s-研究室パンフ_ページ_2

s-研究室パンフ_ページ_3

スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。