スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

田井庄、野神さん、大和の建て倒れ

  岩室のあたりを自転車でぶらぶらしたあと、足を伸ばして、自宅とは反対側の田井庄(たいのしょう)のムラの様子も観察してきました。青空が広がり、ひばりの鳴き声も聞こえます。田井庄といえば、天理大学の体育学部のあるところですが、体育学部の新しい体育館前の交差点は「地蔵前」という名前がついていて、お地蔵さんの後ろに、奈良盆地の伝統的村落のはずれでよく見られる「野神」さん、大きな樹木がまつってあるのを見ることができます。

 田井庄の本村は、やはり典型的な大和の伝統的村落。自転車で通勤の際、私はいつもこの田井庄のムラの狭い迷路のような道を通り抜けて、天理駅の方に向かっています。ムラの外に広がる水田は、もう、田植えを待つばかりの状況になっています。ちょうど、水路の水口から苗代に水をひいているところを通りがかりました。

 天理大学の国文学国語学科の出身で、現在は富山大学で教鞭をとっている社会言語学のN氏が、まだ天理にいた頃、京都の着倒れ、大阪の食い倒れ、大和の建て倒れという話をよくしていましたが、大和の伝統的村落は、家屋敷はみな広い敷地のまわりを四角く塀で囲み、門構えや蔵もとても立派です。家家の軒を飾る甍の連なりが銀色にまぶしく光り、しっくいの白壁が際だつ独特の景観は、時代劇に出てきそうな城下町のような雰囲気です。岩室や田井庄では、その中に、ひときわ目立って、うだつを設けた大和棟の母屋が建てられている姿を今も見ることができます。

 田井庄では、ムラを囲む環濠の名残が今も残っていて、草木が生い茂るそのたたずまいを見ていると、私などは、弥生時代の環濠集落もこのような雰囲気だったのかもしれないなどとつい想像を逞しくしてしまいます。(K)

s-P1050160.jpg 

s-P1050140.jpg 

s-P1050099.jpg 

s-P1050103.jpg 

s-P1050123.jpg 
スポンサーサイト

岩室、伝統的集落の変貌、両墓制

 日曜日の今日は昨日に続いて爽やかな好天。午前中は、ぶらりと自転車に乗って、自宅近くの散策をおこないました。私の自宅は、天理市内、前栽駅から南に歩いて7,8分のところにあり、天理大学の学生たちも、駅までの道などでよく出会ったりするところです。

  自転車ですぐ近くに、岩室(いわむろ)という古い村があり、奈良盆地=国中(くんなか)でよく見られる伝統的村落の景観を残しています。ムラの中には、広々とした敷地を白壁の塀で囲った家屋敷の甍がひしめいていて、鎮守の森やお寺などもあり、家家の間には迷路のような狭い道が縦横につながっています。家屋の密集するムラの外側には、田んぼや畑が広がり、ムラからやや離れて共同墓地があるという典型的な村落構造をみることができます。

  この岩室には、かつて金関恕先生の御尊父、金関丈夫先生がお住まいになっていた家がそのまま残っていて、現在は、金関先生のご子息でバイオリニストとして知られる金関環氏の表札がかかっています。岩室の集落は、金関丈夫先生が帝塚山大学時代に、『岩室』という民俗誌の記録を残していることでも知られていますが、そのあとの数十年の間に、伝統的な家屋が近代的な住宅に立て替えられるなど、ムラの姿も大きく変貌をとげています。国道に面したところにあるひとつの家は、典型的な大和棟の住宅として、大阪の国立民族学博物館に昭和40年頃の姿が模型で展示されていますが、最近、屋敷の敷地の半分が駐車場に変わりました。

  国道を挟んだ北側の一帯は、戦前から唐古・鍵遺跡と並んで大和を代表する弥生時代の遺跡、岩室遺跡(現在は平等坊・岩室遺跡)として知られていて、少し前までは田んぼや畑が広がっていましたが、最近になり、市街化調整区域だったのが用途地域が変更されて、開発が進み、発掘調査がおこなわれたあと、現在は、商業施設やマンション・住宅が立ち並んでいます。国の史跡に指定された唐古・鍵遺跡がこれから本格的な整備事業が始まって、遺跡の保存活用が進められようとしているのとは対照的な姿になっていると言えます。奈良県に限りませんが、弥生時代の集落遺跡の多くは、経済価値の大きな平野部にあり、残念ながら、面的な遺跡保存が難しいという現実的な問題があります。

  宅地や商業用地としての開発が進む平等坊・岩室遺跡ですが、その一画に、奈良盆地に数多い溜め池のひとつ、ヒライ池があります。今は池の周囲がコンクリートで護岸されていますが、その工事が1983年に行われ、橿考研による事前の発掘調査で確認された岩室池古墳では、古墳時代後期の形象埴輪がバラバラになって見つかりました。実は、当時高校生だった私も春休みにその発掘調査を手伝わせてもらったのですが、最近、教育委員会によって新しい遺跡の説明板が設置され、うれしく思っています。

 ヒライ池の横にある共同墓地では、民俗学のうえで有名な「両墓制」の名残を見ることができます。かつてこの墓地では、土葬がおこなわれていて、その昔、岩室のムラから繰り出す野辺の送りの葬列を通りがかりで目撃したことがあります。今でも、「埋め墓」と「参り墓」の場所を現地で確認することができます。

 民俗学の記述部分、何か間違っているところなどあるかもしれません。斉藤先生、大丈夫でしょうか。よろしければ、補足のコメントなどお願いします。(K)

s-P1040980_20100530221325.jpg

s-P1040987.jpg

s-P1040989.jpg

s-P1050034.jpg

s-P1040927.jpg

s-P1050044.jpg 
 

年輪! 年輪?

  今日は日曜日ですが、昼から天理大学の後援会の総会があり、学生の保証人(ご両親)が大学、研究室を訪ねて来られました。総会の会場となった研究棟3階、第1会議室前のロビーで待機していると、目の前に、丸太の輪切りを利用したオブジェが置いてあるではありませんか。先の記事で年輪年代法について触れましたので、時間待ちをしている間、まわりにいた他学科の先生から冷やかされながら、愛用の「きみまろズーム」でカシャカシャ写真を撮ってしまいました。

  彫刻や工芸品に向きそうな、広葉樹の堅い材だということは私にもわかりますが、樹種は何なのでしょうか。奈良教育大学のK先生が非常勤講師として担当している「環境と考古学」は、2年生の専門教育科目ですが、実習室に備え付けの顕微鏡を使って木材の樹種鑑定もおこないます。このオブジェ、少し削って、薄片をつくり、樹種鑑定の教材にするといいかもしれません、などと書いたら叱られますね。

  総会のあと、共同研究室で学科・専攻別の懇談会があり、さらに、大学食堂で全体の懇親会をおこないました。帰宅すると、なんというタイミングの良さでしょう、お祝いのお返しで、黄金バウムクーヘンが届いていました。ドイツ語で木のお菓子という意味ですが、高原牧場でとれた卵「それいゆ」、讃岐五色台で採れる濃厚な百花蜂蜜、200年の伝統を誇る讃岐和三盆など、素材にこだわった一品のようです。とてもおいしくいただきました。ありがとうございます。(K)

s-P1050196.jpg

s-P1050198.jpg

s-P1050201.jpg

s-P1050232.jpg

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。