スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

年輪年代法、大型建物

 金曜の1限目、9;00から始まる「考古学概論」。今日のテーマは理化学的年代測定法でしたが、日本の考古学でもさまざまな成果をあげている年輪年代法と放射性炭素年代法を中心にとりあげました。年輪年代法は、1年のサイクルをもとに年代測定をおこなう年周期法のひとつですが、ヒノキではBC912年まで、スギではBC1313年までの暦年標準パターンが作成されています。

 大阪府池上・曽根遺跡では、地下水に守られて、弥生時代中期後半の大型建物の柱穴に柱根が腐らずに残っていましたが、その柱根はヒノキ材を用いていて、幸い、樹皮の一部が残っていましたので、年輪年代法によって伐採年代がBC52年であることがわかったわけです。これによって、近畿地方の弥生時代中期後半の年代観が変更になり、それまで間接的な証拠から紀元後1世紀頃だと考えられていたのが、さかのぼって、紀元前1世紀頃だと理解されるようになりました。

 これに対して、昨日、沢遺跡の発表をおこなった田原本町の豆谷さんが発掘調査を担当した唐古・鍵遺跡の第93次調査では、大型建物が検出され、池上・曽根遺跡の場合と同じように、柱穴のひとつに巨大な柱根が残っていました。当時、豆谷さんのご厚意で、私は学生たちといっしょに柱材の抜き取り作業に立ち会わせてもらったのですが、クレーン車で柱材を引き上げる作業は、まるで1トン爆弾の不発弾を処理しているかのような光景でした。抜き取られた柱材の直径は約90cmで、平城宮跡で用いられている柱よりも太いものでした。

  ただし、残念ながらこの柱材は、ケヤキ材を用いていたために、年輪年代法を適用することができませんでした。ヒノキやスギとは違って、ケヤキについては、年輪年代法の暦年代標準パターンが紀元前までつながっていないからです。

  ケヤキと言えば、仙台の青葉通りが有名ですが、天理大学の研究棟の横にも、樹齢20年ほどの若いケヤキ並木があります。今の時期、その青々しい緑がキャンパスの雰囲気にちょっとした華やぎを添えてくれていますが、その樹相をみると、ケヤキは途中まではまっすぐに伸びるのですが、途中から枝分かれをして、ヒノキやスギのようにまっすぐ長い木材を取ることができません。唐古・鍵遺跡の柱材は直径が非常に太く、樹齢の高いかなり大きな木だったことがわかります。それでも、大型建物の上層部まで貫く通柱(とおしばしら)として利用できるような長い材を得ることができたのかどうか、疑問が残ります。

 弥生時代の大型建物に関しては、7月10日に開催される近畿弥生の会で、和歌山市太田・黒田遺跡の第61次調査で見つかった大型掘立柱建物についての報告がエントリーされています。新しい事例として注目されますが、どのようなものなのか、報告の内容が楽しみです。

 ところで、唐古・鍵遺跡は、豆谷さんが担当をして、これから本格的な整備事業が進んでゆく予定です。多国語対応の解説板を是非、設置していただきたいと思いますが、いかがでしょう。整備事業もいよいよこれからという矢先、今日の新聞で報道がありましたように、遺跡見学のための駐車場内に設置された簡易トイレで残念な火災事故が発生してしまいましたが、考えてみると、大型建物が見つかった場所のすぐ近くですね。(K)

s-P1040637.jpg
直立して聳える石上神宮の神杉
大木ですが、樹齢は何年なのでしょう

s-dscn3710.jpg
唐古・鍵遺跡の大型建物の柱材(ケヤキ)の直径をはかる豆谷氏

s-P1040758.jpg
新緑が美しいキャンパスの欅並木
電柱がなく広々しています

s-P1040763.jpg
大学構内の樹木には説明プレートが設置されています

s-P1040766.jpg
樹齢約20年のケヤキの樹相
スポンサーサイト

聞いてなっとく弥生の世界(2010年度弥生時代入門講座)

 もうひとつ、弥生時代研究の情報です。まえの記事で紹介した近畿弥生の会が、大阪府の博物館問題に関連して、博物館が少しでも活性化するためにということで、昨年度から大阪府立弥生文化博物館との共催で開催している入門講座です。私も、この1月に、「弥生絵画の世界 ―絵画土器と銅鐸から見た稲作の祭り-」として、研究室の学生諸氏に手伝ってもらいながらこの講座の講師をボランティアで担当しました。遅くなりましたが、その節はどうもありがとうございました。

 今年は、各府県の弥生時代の様相を具体的に紹介するということで、まず最初にイントロダクションとして方法論についての解説があり、そのあと年間4回にわたって、京都、大阪、兵庫、滋賀の第1線の研究者がやはりボランティアの講師をつとめ、各地域における調査研究の成果を具体的に紹介します。「考古資料をじっくり見ていただきながら解説します」というのが、この入門講座の基本コンセプトになっていて、考古学専攻の学部生に是非参加してもらいたいという主催者の共通した思いがあります。

 今年は研究室の4年生で、やはり誰とは言いませんが、滋賀県の弥生時代の集落をテーマにして卒論を書く人がいますけれども、残念ながら、滋賀県の講座は2月ですから、卒論は、ちゃんと進めばの話ですが、完成してしまっている時期ですね。(K)

s-弥生入門講座チラシ(2010年度正規版) 

近畿弥生の会 報告集会「大阪場所」

 弥生時代の研究会についての新着情報です。「近畿弥生の会」という研究グループが主催する調査研究報告集会が、下記のとおり、7月10日に大阪府立弥生文化博物館で開催されます。

近畿弥生の会HP

大阪府立弥生文化博物館HP

 
 「近畿弥生の会」というのは、10年ほどに、天理市教育委員会のMさんが、近畿地方の研究者に呼びかけて発足した研究グループで、年に一度のこの集会を開催することが主目的ですが、近年活性化してきて、さまざまな行事をとおして、研究者の交流や情報交換などがおこなわれています。現在の代表(3代目)は、昨日、沢遺跡の意義について、予想通り、熱く語ってくれた田原本町の豆谷さんです。

  毎年、6月から7月にかけて開催される年に1度の集会は、各府県が持ち回りで開催し、今年で13回目を迎えますが、3年前の10周年記念大会は、天理大学のふるさと会館でおこなわれました。前年度に、近畿地方の各府県で発掘調査されたり、重要な研究の進展があった遺跡などについて、担当者がスライド(現在はパワーポイント)を使って速報的に報告をおこない、研究者や学生が参加して、その意義や評価について確認や検討をおこないます。

  今年の奈良県の報告は、天理大学の非常勤講師として「旧石器・縄文時代の研究」を担当いただいている橿考研のOさんが担当で、御所市で発掘された弥生時代前期の水田遺構についてです。奈良県で、弥生時代、しかも前期の水田が累々と発見されるなどといったことは、10年前にはまったく予想もできませんでした。そのほかにも注目される報告がたくさんありますので、是非、参加して、近畿地方の最新の調査成果に触れましょう。(K)


第13回近畿弥生の会大阪場所
近畿弥生の会代表豆谷和之

日時/ 平成22年7 月10日(土) 第一部(調査発表)12時30分より
第二部(懇親会) 18時より

会場/ 第一部大阪府立弥生文化博物館1階ホール
※JR阪和線「信太山駅」から西へ徒歩10分

第二部未定(天王寺駅周辺を予定)
会費/ 第一部700円※資料代含む(別途入館料必要)
第二部5,000円※学生割引あり

内容/ 第一部12:30~ 開会挨拶
12:40~13:15 発表1 大阪府「東大阪市新上小阪遺跡―中期後半の方形周溝墓―」
伊藤武氏・財団法人大阪府文化財センター

13:15~13:50 発表2 京都府「京都市上里遺跡―弥生時代前期の集落跡―」
高橋潔氏・財団法人京都市埋蔵文化財研究所

13:50~14:25 発表3 滋賀県「金海会峴里貝塚出土の近江系土器」
伊庭功氏・財団法人滋賀県文化財保護協会

14:25~14:40 (休憩)

14:40~15:15 発表4 奈良県「奈良盆地における弥生時代前期水田の調査
―奈良県御所市中西遺跡の調査―」
岡田憲一氏・奈良県立橿原考古学研究所

15:15~15:50 発表5 和歌山県「和歌山市太田・黒田遺跡の発掘調査
―第61次調査で見つかった大型掘立柱建物―」
藤藪勝則氏・財団法人和歌山市都市整備公社

15:50~16:25 発表6 兵庫県「三田市三輪・餅田遺跡
―兵庫内陸部で管玉製作関連遺物が出土した遺跡―」
山崎敏昭氏・三田市役所まちづくり部生涯学習課

16:25~16:30 閉会挨拶

16:30~ 片付け

第二部18:00~ 懇親会

問合先/ (財)大阪府文化財センター
・市村TEL.06-6785-3921

大阪府立近つ飛鳥博物館
・廣瀬TEL.0721-93-8321
s-2010年_大阪場所案内04


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。