スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ゲルの組み立てワークショップ体験

今日の博物館実習のテーマは「ワークショップの実践」。

天理参考館で、モンゴル族の移動式住居「ゲル」の組み立て体験をしました。

吉田裕彦先生はじめ天理参考館の先生方の指導のもと、みんなで協力して完成にこぎつけました。多少の危険も伴うワークショップをどのように運営するのか、実践を通じてたくさんのことを学んだと思います。

壁にあたる囲いを組み立てます
壁囲いを組み立てます

垂木(たるき)を挿して天枠を持ち上げます
垂木(たるき)を挿して天枠を持ち上げます

天幕を張ってもうすぐ完成
天幕を張ってもうすぐ完成

スポンサーサイト

第3回 大和学への招待

11月21日、森本先生による第二回公開講座〈大和学への招待〉「大和の木地屋」が行われました。
みなさま熱心に森本先生のご講演を聴き入っておられました。

さて、次回は11月28日になります。
テーマは「大和の春の民俗行事-卯月八日の天道花を中心に-」。
講師は飯島吉晴先生になります。
ぜひ、お越し下さい!





公開講座〈大和学への招待〉
第3回「大和の春の民俗行事-卯月八日の天道花を中心に-」

 卯月八日は釈迦の誕生とされ、各寺院では花御堂に安置した釈迦像に参拝者が甘露(甘茶)をかけて祝う灌仏会が営まれている。一方で、農作業の開始に先立って、この日に山遊びに行き、山から躑躅などの花とともに神霊を迎えてきて家のニワに高く掲げたあと、田んぼの水口に祭る風習も見られる。こうした春の民俗行事がもつ意義を考える。

日時 2009年11月28日(土)
午後1時30分~3時(受付:午後1時より)
講師:考古学・民俗学専攻教授 飯島 吉晴
申込 不要
受講料:無料

会場
奈良県中小企業会館(4F大会議室)


詳しくはこちら


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。