スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

民俗学実習4日目

朝、土佐清水市の方が旧松尾小学校に来られ、民具整理の成果を見て、たいへん喜んでくださいました。私達も頑張ったかいがあります。
後片付けを終え、その後、各自が集落で聞き取りを行いました。
午後からは、松尾さえずり会の方の案内で、金比羅宮の灯明台、海運寺、吉福家住宅などを見学しました。

20080828215701
  特別天然記念物のアコウの木

s-2008年08月28日_DSCF3362  吉福家住宅

その後、マイクロバスで足摺岬、金剛福寺、竜宮神社を訪れました。
竜宮神社は、漁師の妻たちが、夫の無事と大漁を祈願してきた場所です。
海に面した断崖に建てられており、辿りつくだけでも大変でした。
妻たちの思いの強さを感じました。

s-2008年08月28日_DSCF3404  金剛福寺

s-2008年08月28日_DSCF3439  竜宮神社

その後、中村で解散し、さらに高知県を探索する人、帰宅する人に分かれました。
大変、有意義な民俗学実習でした!
スポンサーサイト

民俗学実習3日目

s-2008年08月27日_DSCF3230   松尾集落内を散策

s-2008年08月27日_DSCF3322  集合写真も撮りました

朝、土佐清水市の松尾集落を散策。松尾漁港、女城神社、吉福家などを見学しました。
その後、旧松尾小学校で民具の整理を再開。
今日はさらに作業がはかどり、全部で300枚あまりのカードができました。
部屋を掃除し、展示をし直して見違えるように美しくなりました。
高知新聞の取材も受けました。
参加者一同達成感を感じ、多くの人々に民具の展示を見てもらえることを願っています。

民俗学実習二日目

s-2008年08月27日_DSCF3296


夜行バスで天理から中村に到着した第2陣も合流し、朝10時から旧松尾小学校にて作業開始。
まずは窓を開け放し、掃除から。
3班にわかれて、一点一点民具を撮影し、基本的なデータをカードに書き込みました。
土佐清水市生涯学習課からの差し入れもあって、作業ははかどりおよそ200点のカードができました。
6時に作業し、夕食後に簡単なミーティングをしました。

民俗学実習一日目

s-2008年08月26日_DSCF3168

本日、朝、天理を出発した第一陣は夕方に高知県四万十市中村に到着。
土佐清水市生涯学習課の方が迎えに来てくださり、そのまま松尾へ直行。
旧松尾小学校に所蔵してある民具を見せていただきました。
整理済みの民具100点に加え、未整理の民具が山積みでした。
明日からの本格的な整理に向けて美味しいイカの造りを食べて早めに休みました。

研究室オリジナルTシャツ☆

DSC03956.jpg      DSC03961.jpg

研究室オリジナルTシャツが完成しました!

これから、実習や研究室行事の際にはみんなで使用していきたいです。

Tシャツデザインは4回生の学生が担当しました。

考古学と民俗学、両方のイラスト入りです。

このデザインで、のれん、手ぬぐいと色んな研究室オリジナルグッズを製作するのもありですね。

早速このTシャツを着て、民俗学実習に行ってきます!

東吉野村木津川・薬師堂念仏踊り

8月18日、東吉野村木津川へ県指定無形民俗文化財に登録されている薬師堂念仏踊りを見学に行きました。

夜7時半ころ、薬師堂に村の方々が集まって般若心経を唱えオツトメをします。

2008年08月18日_DSCF3082


そのあと、村の方々をはじめ見学者も一緒に直会が行われます。

ここでは、精進料理としておにぎりと地元で採れた野菜を使用した料理、そして御神酒が振る舞われます。

なんでもおにぎりが重要だそうです。地元のおばあちゃんが作った御飯はすごく美味しかった!

いよいよ念仏踊りです。

男女が詞章を掛け合うなか、太鼓、鉦を持った男性が薬師堂内を踊ります。

2008年08月18日_DSCF3123

踊り手は、ネンヨさん3名。

ネンヨさんとは、薬師堂やお寺行事を担当する当番さんのようなもの。

昔は飛び入り参加をしたり、このあとに盆踊りをしていたこともあるそう。

みなさんも是非、見学に行ってみてはいかがでしょうか?

山口県立新南陽高校へ行きました

                      DSC03174.jpg
7月9日、山口県周南市にある県立新南陽高校に民俗学の出張授業にうかがいました!        

                
 総合的な学習の時間で、「民俗・歴史研究」講座(村岡秀明教諭担当)を選択している1年生から3年生までの19人の生徒さんに、民俗学の授業を聞いてもらいました。

 1時間目は、「妖怪の出現と恐怖」と題して、生徒のみなさんにオリジナルの妖怪を作ってもらいました。
 妖怪「ピコロン」(落ち込んでいるときに、いつの間にか肩の上に乗っている妖怪)や妖怪「小石」(人をつまずかせて喜ぶ。何もないところでつまづくのはこの「妖怪小石」のせい)など、イラストつきの立派な??妖怪が完成しました。
どのような怖い体験・ふしぎな体験をもとにオリジナルな妖怪を作ったのかも、説明してもらいました。
 それを通して、近世に人々の怖い体験を下敷きに生み出された数多くの妖怪たちが、他の人々の共感をもって受け入れられ、活躍してきた様子を想像することができました。

2時間目は、「妖怪とからだ」と称して、安井が天理大学の学生向けに行なっている「民俗学と文化」の授業の一部を聞いてもらいました。妖怪や幽霊は、人間の身体のどの部分から侵入すると考えられていたのかを、民俗学が蓄積してきた資料を用いて分析しました。
詳しくは、安井眞奈美 2008「狙われた背中――妖怪・怪異譚からみた日本人の身体観」小松和彦還暦記念論集刊行会編『日本文化の人類学/異文化の民俗学』法蔵館の論文をごらんください。

新南陽高校の皆さん全員から、感想をお寄せいただきました。ほんとうにどうもありがとうございました!一部をご紹介させていただきます。

3年生Tさん
 今回「妖怪と身体」についてお話していただいて、知らないことばかりでとても楽しかったです。私は、妖怪や幽霊は身体のどこからか入ってきて憑くより、心に憑くのではないかと思います。心が弱くなったり、精神がよい状態でない時、変な行動をとったり、おびえて普通のものでも異常に見えてしまったりすることを、「憑く」というのではないかと思いました。(←スルドイですね!!安井)
 今回はわざわざ来てくださってありがとうございました。とても面白かったです。

3年生 Nさん
 オリジナルの妖怪を考えるのが楽しかったです。みんなが創った妖怪も数分でよくそこまで設定をつくれたなと思うほど、ユニークでかわいらしいのが多かったです。今まで民俗学は知っていたけれど、くわしくは知らなかったので、大学の民俗学の話はとても興味深かったです。次回も楽しみにしています(←ハイ、ぜひ次回もうかがいます!!)。
 

                                                      安井眞奈美


地蔵盆の調査に行きました

s-2008年07月24日_DSCF2670   s-2008年07月24日_DSCF2688

7月24日、奈良市南庄町・腰痛地蔵の地蔵盆調査に行きました。

卒論でこの腰痛地蔵を取り上げる人がいるからです。

参加者は執筆者の四回生を筆頭に、歴史研究会のメンバー、齋藤純先生など。

この腰痛地蔵はその名の通り腰痛に御利益のある地蔵尊です。

祈願するときには木槌を奉納するため、地蔵堂にはたくさんの木槌が奉納されています。


地蔵盆のこの日も新たに奉納する人がありました。

全国から木槌の奉納があるため、卒論では信仰圏などを調べるそう。

さて夕刻になると、村の方々が地蔵堂にあつまって地蔵堂を飾り、その場で飲食をします。

参拝した子供にはお菓子が配られるそうなんですが、子供じゃない我々もちゃっかりお菓子をいただいてしました。

このお菓子をよばれながら卒論を頑張って下さい!

過去の民俗学実習


民俗学実習は、週1コマの通年の授業と、夏季休暇を利用した実習からなる授業科目です。
夏期休暇はもとより、週末などを利用して祭礼見学や、聞き取り調査なども行っています。

ここでは、これまで行ってきた民俗学実習を紹介したいと思います。

2007年度
 奈良県大宇陀市大宇陀区本郷にて調査、富山県高岡市伏木の勝興寺で資料整理。氷見市、高岡市、越中五箇山の相倉合掌造り集落、白川合掌造り集落を見学

s-五箇山

2006年度
 奈良県大宇陀市大宇陀区本郷にて調査、富山県福岡町の歴史民俗博物館所蔵有形民俗文化財の調査、富山県〔立山博物館〕、立山室堂・地獄谷を見学、日本民家集落博物館50周年記念企画・宮崎県椎葉村の椎葉神楽見学、愛知県北設楽郡東栄町古戸・中在家の霜月神楽の花祭りの見学と調査

立山実習

2005年度
 奈良県大宇陀郡大宇陀町の旧町並み調査、富山県福岡町の歴史民俗博物館所蔵有形民俗文化財の調査、富山県福岡町のツクリモン、愛知県北設楽郡東栄町古戸の白花祭の調査

つくりもん  s-2005花祭り


2004年度
 兵庫県高砂市曽根の県指定文化財旧入江家の民具調査、和歌山県日高郡川辺町江川の丹生神社・笑祭、愛知県北設楽郡東栄町古戸・中在家の霜月神楽の花祭りの見学と調査

s-笑い祭

2003年度
 兵庫県高砂市曽根の県指定文化財旧入江家の民具調査、愛知県北設楽郡東栄町

s-高砂

2002年度
 兵庫県高砂市曽根の県指定文化財旧入江家の民具調査、香川県丸亀市神野神社の湯立て神楽、愛知県北設楽郡東栄町古戸・白山神社の白山祭り

s-白山祭

2001年度
 金沢の薬種業関係の民具整理と大坂道修町の神農祭

s-金沢

2000年度
 佐渡島の島巡りと岡山県備中神楽、兵庫県但東町のモンゴル博物館

s-岡山

1999年度
 香川県の瀬戸内海歴史民俗資料館、小豆島の島四国と広島県の阿戸神楽

1998年度
 四国遍路(香川県)と高野山

1997年度
 四国遍路(愛媛県)と飛騨白川郷、富山県福岡町ツクリモン

1996年度
 四国遍路(高知県)

1995年度
 四国遍路(徳島県)と高野山

1994年度
 東北の山岳信仰をテーマに、川倉地蔵のイタコ、出羽三山、山寺の巡見

1993年度
 淡路島のヤマドッサ及び滋賀県中山の芋くらべ祭り

今年の民俗学実習

今年の民俗学実習は、高知県土佐清水市松尾(足摺岬)にて民具の整理を行います。

なんと総勢19名!

3班に分かれて旧松尾小学校に所蔵されている民具の写真を取ったり、計測したりします。

農具や生活用品など今年はどのような民具に出会えるのでしょうか。

実習が始まりましたら、ブログでまた紹介したいと思います。


民俗学実習
8月25日~29日
高知県土佐清水市松尾旧松尾小学校にて

| ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。