スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

第26回天理考古学・民俗学談話会

 陽春の候、益々ご清祥とのこととお慶び申し上げます。下記の通り、天理考古学・民
俗学談話会を開催いたします。奮ってご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。

恒例の天理考古学・民俗学談話会が5月2日に開催されます。いつもと同様、多彩なタイトルが並んでいます。 今年はちょうど、参考館で、特別展「ギリシア考古学の父、シュリーマン」が開催中で、見学時間をとるために、お昼休みを長めにとりました。 ただ、午後の時間帯、参考館の記念講演会(周藤芳幸先生)と時間が重なってしまっているのが残念です。

Posted by 天理大学考古学民俗学専攻 on 2015年4月6日
スポンサーサイト

入学式、Facebook公式ページの開設

 本日、天理大学考古学民俗学専攻のFacebook公式ページを開設し、さっそく、入学式の様子など、いくつかの記事を掲載しました。ブログを併用してゆくのか、Facebookに完全に移行するのか、まだ検討中ですが、いずれにしましても、どうぞよろしくお願いいたします。

桜の下で記念写真。残念?ながら、画質は落としています。

Posted by 天理大学考古学民俗学専攻 on 2015年3月31日

第2回考古学民俗学「モノと図像から探る怪異の世界in奈良」

 3月14日(土)第2回考古学民俗学「モノと図像から探る怪異の世界in奈良」を、元興寺禅室(国宝)にて開催しました。
 当日は朝から生憎の雨模様となりましたが、大勢の方々にお越しいただき普段は拝観できない禅室でのフォーラムをお楽しみいただきました。

s_IMG_4543 (1)

s_IMG_4562.jpg

 今回は、元興寺ご住職 辻村泰善氏の御挨拶にはじまり、考古学/民俗学専攻スタッフの発表、(公財)元興寺文化財研究所主任研究員 角南聡一郎氏の御発表「ガンゴウジとガゴゼ――元興寺をめぐる説話伝承の世界」に、フォーラム後は境内を案内していただきました。

s_IMG_4619.jpg

 発表最後は、小説家 化野燐氏に「考古学と民俗学の魅力」と題し、考古学と民俗学を学ぶおもしろさを熱く語っていただきました。
 尚、当日フォーラムの成果をまとめた『モノと図像から探る怪異の世界』を上梓しました。どうぞ書店にてお買い求め下さい。

                s_20150318103055602_0001 (1)

考古学実習続報

考古学実習も5日目を終えました。

IMG_4154.jpg
毎朝、赤い服の体操のお兄さんをお手本にラジオ体操をしてから、現場に向かいます。

IMG_4155.jpg
トレンチの中でもみんな体操のときとあまり変わらない感じです。

IMG_4210.jpg
遺構も増えてきました。

IMG_4231.jpg
トレンチも深くなりました。

IMG_4267.jpg
整理すべきことが多くなって、みんな必死です。

IMG_4268.jpg
夜のミーティングに使うホワイトボードも書き込みでいっぱいです。


考古学実習

2月17日から、考古学実習が始まっています。
今年も、岐阜県大野町にお邪魔しています。
調査地は小衣斐村ノ内遺跡です。昨年調査地の少し東です。

第1日(17日)
IMG_4119.jpg
調査地をレーダ探査しました。

第2日(18日)
IMG_4133.jpg
長さ20mのトレンチを設定して、彫り込みを始めました。

IMG_4144.jpg

IMG_4147.jpg
夜は、ミーティングや遺物の整理などを行います。

第3日(19日)
IMG_4168.jpg
土器も出だしています。

CIMG1208.jpg
遊んでいるのではありません。写真を撮るための影作りです。
にしても、よけいな動きが……。

明日もがんばるぞ、おー。
と、みんな張り切っています。

第2回フォーラム「モノと図像から探る怪異の世界 in 奈良」ご案内

天理大学文学部考古学・民俗学研究室では、2014年7月5日に東京天理教館(東京都千代田区神田)にて第1回フォーラム「モノと図像から探る怪異の世界」を開催いたしました。
おかげさまでご好評をいただき、ぜひ奈良でも開催してほしいとのご要望を多数いただきました。
つきましては、奈良の魅力を存分に味わっていただきたいと考え、この度は元興寺禅室にて「モノと図像から探る怪異の世界in 奈良」を開催いたします。
ふるってご参加くださいませ。

日 時:2015年3月14日(土)13時30分~16時
場 所:元興寺禅室(奈良町)
主 催:天理大学文学部考古学・民俗学研究室
協 力:『怪』編集部
定 員:100名(申し込み要)

プログラム・申し込み方法などは、チラシでご確認下さい。
  (下の画像をクリックすれば大きくなります)

第2回天理大学考古学民俗学フォーラムin+元興寺

第2回天理大学考古学民俗学フォーラムin+元興寺ちらし裏


西山古墳の探査

1月10日、西山古墳の探査を行いました。

今回の対象は前方部です。
前方部平坦面の幅18m、長さ40mの範囲にレーダー探査を行い、前方部の主軸に沿って裾から77mに及んで電気探査を行いました。

岸田先生の授業「文化財探査」の受講生と、遺跡調査チームの学生が大活躍。
寒い中、少し大変でしたが、必要なデータ取得を終えました。
前回2012年度に行った後方部頂の探査では、石室と思われる明瞭な反応を確認しています。
データの解析が楽しみです。

なお、西山古墳は冬季の草刈りが完了し、いま、美しい姿を見ることができます。
草が芽吹く前、ゴールデンウィークぐらいまでが見頃です。(O)

IMG_3800.jpg

IMG_3788.jpg

IMG_3929.jpg

飛鳥を歩く2014(さかのぼり日記)

 さる12月13日、卒論提出締めきりとその後に続くクリスマス会が終わった翌日だったわけですが、「日本考古学の歩み」で準備を進めてきた「飛鳥を歩く2014」を決行することができました。卒論を提出してすっきりした4回生も4名が参加です。
 授業で事前に、金関先生の飛鳥寺発掘のエピソードなどを説明し、メモ魔こと森岡秀人氏が登場するビデオも見ておきましたし、なにより、参加学生が各スポットを調べた特製の資料集が用意してあります。説明担当の学生諸氏には、どうもお疲れ様でした。先日とは違って、「ミックス・リアリティー」はありませんでしたが、現地で説明を聞きながら、こちらも改めて理解を深めることができました。
 飛鳥駅、朝10時の集合時間には、1年生のほぼ全員が集まり、小雪の舞う中での出発。特段、厳しい寒さという状況ではなく、比較的心地よい初冬の一日で、飛鳥地域の歴史と文化遺産をたっぷり満喫することができました。
 途中、飛鳥座神社から高松塚まで、かめバス(290円)でワープをしたのですが、それでも参加学生の歩数計アプリでは2万歩を超えていたそうです。これだけの距離をただひたすら歩けと言われれば辛いかと思いますが、見所満載の飛鳥ですから、気がついてみると、あっという間だったようにすら感じてしまいます。
 今日のコースは下記のとおりですが、番号の数字がもともとの予定コースでしたので、それと比べると、まあ、行き当たりばったりだったことがわかります。聖徳中学出身の「地元民」の道案内もあまりあてになりませんでした。
 そういうわけで、中尾山古墳にたどり着いた時には、夕方の5時でしたが、もう全く薄暗く、いつの間にかすっかり日が短くなって、「年の瀬」を迎えていることが感じられます。飛鳥駅では、ぎりぎり5時29分の電車に飛び乗ることができましたが、遅れてしまった学生が数名あり、橿原神宮前で、「追いつく」ことができました。
 飛鳥駅→①岩屋山古墳(こちらと比べると天理の峯塚の残念感が際だちます)→②梅山古墳(欽明天皇陵古墳)→猿石(発表担当を決めるのを忘れていていて資料集から漏れ落ちていた)→③鬼の俎・鬼の雪隠(遅れて、4年生を含む数名がここで合流)→④野口王墓山古墳(天武・持統天皇陵古墳、吹きさらしで風が強い)→⑤菖蒲池古墳(橿原市なので周りは新興住宅街)→⑥亀石(おーい、動かさないように! 頭が西に向いてしまうと大変!)→コンビニ(弁当持参忘れの人がいたので。明日香村ではコンビニも瓦葺き)→⑲橘寺・二面石(1名が遅れてここで合流、無料休憩所で昼食、⑦⑧⑨がここからよく見えます)→⑦川原寺跡(遠望しながら説明、考古学実習でお世話になっている岐阜の大隆寺の瓦は川原寺式。壬申の乱の論功行賞と関連づけた八賀先生の有名な論文あり)→⑧甘樫丘(ここも遠望のみ、時間があれば本当は登りたかった)→⑨飛鳥京苑地遺跡(ここも遠望のみ)→国営公園石舞台地区のステージ前(研究室のマスコットキャラクター・カピー君のデビューの地)→⑱石舞台古墳(こちらと比べると天理の塚穴山の残念感がやはり際だつ)→ ⑰飛鳥京跡(飛鳥板葺宮跡)→ ⑯酒船石(パワーを吸収)→酒舟石遺跡(石材は天理砂石ですよ~)→⑮亀形石像物(ここで⑭飛鳥池工房遺跡を眺めながら説明、万葉ミュージアム建設問題の時は大変でした)→ ⑬飛鳥寺亙窯跡→ ⑪飛鳥寺跡(お堂で飛鳥大仏を拝観し、お話を聞く)→首塚(ここで、⑩石神遺跡を眺めながら説明)→⑫飛鳥座神社(バスに乗り遅れそうなので見学は見送り、説明は最後に)→→→(かめバス、290円)→→→⑳壁画館・高松塚古墳(あのビデオを思い出しますね)→㉑中尾山古墳(最後の古墳?、もう夕暮れ)→飛鳥駅(電車間に合わない!)。(K)

シンポジウム「稲作農耕社会の祭祀と儀礼-韓日中比較-」

12月19日、韓国の国立光州博物館で開催された国際シンポジウムに桑原が参加してきました。光州市で発掘された新昌洞遺跡について理解を深めることが目的です。稲作農耕社会の祭祀と儀礼を考えるために、韓中日の研究者が集まり、私は日本の事例を報告してきました。シンポジウムでは、稲作農耕儀礼を通して、時として荒ぶる自然と上手につきあってきた韓中日それぞれの歴史と知恵を垣間見ることができました。
 それにしても、博物館に展示されている新昌洞遺跡(青銅器時代~初期鉄器時代)の木製品を初めとした数々の遺物は素晴らしく、たいへん参考になりました。全羅南道の現在の農耕儀礼についての紹介と分析も興味津々。雲南をはじめとした中国南部の銅鼓についての報告も、もちろん興味深く、銅鐸との共通点と相違点について改めて考えさせられました(K)

 s-IMG_1313.jpg
s-DSCN9739.jpg
s-IMG_1305.jpg
s-IMG_1306.jpg

 
 山崎先生が紹介された菜畑、板付の事例からは、韓半島からもたらされた稲作農耕文化は、初期段階で、すでに祭祀や儀礼などの要素を含んでいたことがよくわかりました。

京都人類学研究会12月例会(12月19日)にて安井が発表

直前のお知らせです。

明日、12月19日(金)、京都人類学研究会12月例会にて
安井眞奈美が発表します。

どなたでも、ふるってご参加ください。

日時: 12月19日(金) 18時30分~(開場18:00)
場所: 京都大学人文科学研究所4階大会議室
     http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/zinbun/access/access.htm
発表者: 安井眞奈美 天理大学文学部教授 
発表タイトル: 「出産・産後の文化人類学――誰とどこで産むのか」
コメンテーター: 松岡悦子 奈良女子大学生活環境学部教授

当日資料代 200円
お問い合わせ 京都人類学研究会事務局(kyojinken2014@gmail.com)





| ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。